版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
はじめての着衣泳教室 岩崎 恭子(著/文) - 誠文堂新光社
..
【利用不可】

はじめての着衣泳教室 (ハジメテノチャクイエイキョウシツ) 海水浴、川遊び、プール、豪雨、津波など 水の事故から命を守る (カイスイヨク カワアソビ プール ゴウウ ツナミナド ミズノジコカライノチヲマモル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A4変形
縦277mm 横217mm
48ページ
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-416-62367-1   COPY
ISBN 13
9784416623671   COPY
ISBN 10h
4-416-62367-4   COPY
ISBN 10
4416623674   COPY
出版者記号
416   COPY
Cコード
C8075  
8:児童 0:単行本 75:体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月16日
最終更新日
2023年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「もしも」のときのサバイバル。はじめての「着衣泳」教室

着衣泳とは、服を着たまま泳ぐことです。
水難・水害事故は、服を着ている状態で起こることが多く、水中で自分の身を守るための危機管理法が着衣泳です。

着衣泳は、水泳の常識とは反対の知識が求められます。
身体を動きやすくするために、服や靴を脱ぐのではなく、
靴や服の浮力を活かし、顔と足を浮かせた「背浮き」と呼ばれる方法で水に浮きます。
ペットボトルやランドセルなどの持ち物に備わっている浮力を借ることも大切です。

この本では、海や川、プールなど水辺で遊ぶ前に注意すべきことから、
着衣泳の練習の仕方、浮き具になるもの、水に落ちた人を見かけたときの対処法を紹介しています。

日本では毎年700名もの方が水難事故の犠牲になっています。
この本で着衣泳の知識と技術を身につけることで、水の事故から自分や家族、周りの人の命を守ることができます。

「東日本大震災による甚大な被害。水害による事故。レジャー中の水難。
水にかかわる事故で多くの尊い命を失っています。
私は、子供のころから水泳競技を通じて多くのことを経験してきました。
「水」との良好な関係を築くためには
水への正しい知識を備え付けることが重要です。
「着衣泳」を通して、身を守る方法を
多くの方たちに普及していきたいと思います」
―岩崎恭子

協力:田村祐司先生(水難学会理事、東京海洋大学准教授)


■目次
●PART1 着衣泳ってなに?
水辺の事故や水害から命を守るために
水の中を歩いてみよう
水の中では横歩きが歩きやすい
背浮きをマスターしよう
体がしずみそうになったら
浮き具を使って背浮きをしよう
背浮きをしながら移動してみよう
ライフジャケットを使おう
ライフジャケットの正しい着方
ライフジャケットを着て背浮きをしよう

●PART2 もしも水に落ちてしまったら
出かける前に確認すること
水辺で遊ぶときに注意すること
水に落ちてしまったら
コラム:こんなときはどうすればいい?
水に落ちた人を見つけたら
119番(118番)のかけ方
浮き具になるものの渡し方

●PART3 水の事故や水泳の指導
世界における水の事故と取り組み
日本における水の事故
世界の水泳指導

*****************************

目次

●PART1 着衣泳ってなに?
水辺の事故や水害から命を守るために
水の中を歩いてみよう
水の中では横歩きが歩きやすい
背浮きをマスターしよう
体がしずみそうになったら
浮き具を使って背浮きをしよう
背浮きをしながら移動してみよう
ライフジャケットを使おう
ライフジャケットの正しい着方
ライフジャケットを着て背浮きをしよう

●PART2 もしも水に落ちてしまったら
出かける前に確認すること
水辺で遊ぶときに注意すること
水に落ちてしまったら
コラム:こんなときはどうすればいい?
水に落ちた人を見つけたら
119番(118番)のかけ方
浮き具になるものの渡し方

●PART3 水の事故や水泳の指導
世界における水の事故と取り組み
日本における水の事故
世界の水泳指導

著者プロフィール

岩崎 恭子  (イワサキ キョウコ)  (著/文

1978年、静岡県沼津市生まれ。14歳で出場したバルセロナオリンピックにて、競泳史上最年少で金メダルを獲得。競技引退後、児童への指導方法を学ぶためアメリカへ留学。現在は、講演会やイベント出演などを通じて水泳の楽しさを伝えつつ、水の事故を防ぐために着衣泳を普及する活動も行っている。「着衣泳を広めるプロジェクト」のプロジェクトリーダー。

上記内容は本書刊行時のものです。