版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
天文年鑑 2021年版 天文年鑑 編集委員会(編集) - 誠文堂新光社
..

天文年鑑 2021年版

B6判
384ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784416620618
Cコード
C0044
一般 単行本 天文・地学
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2020年9月15日
最終更新日
2020年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

天文ファンが毎年安心して手に取れる、天文現象を観測するためのデータブックです。

12カ月の毎月の星空、日食や月食、各惑星の動き、彗星、流星群などの各天文現象についての予報など、2021年に起こる天文現象について数値データや図版をもとに解説します。
さらには、2019年夏~2020年夏にかけての天体観測の観測結果を掲載します。
そのほか天体観測に役立つ星図、月面図などの資料も掲載します。

2021年に見るこのできる主な天文現象としては、5月26日 皆既月食、6月10日 金環日食(北極圏)、11月8日 昼間の金星食、11月19日 部分月食、12月3日 昼間の火星食、12月4日 皆既日食(南極)などがあります。

著者プロフィール

天文年鑑 編集委員会  (テンモンネンカン ヘンシュウイインカイ)  (編集

■天文年鑑 編集委員会(テンモンネンカン ヘンシュウイインカイ)
国立天文台をはじめとした研究機関、アマチュア天文家からプロの観測者、研究者までを含めた各天体観測のエキスパートなどが執筆を担当。

上記内容は本書刊行時のものです。