版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ハイレゾオーディオのすべて 河合 一(著/文) - 誠文堂新光社
..

ハイレゾオーディオのすべて オーディオファンとサウンドクリエイターのために、CDを超えた高音質デジタルオーディオの技術と再生のポイントを徹底解説

A5判
224ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784416618899
Cコード
C2055
実用 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月18日
最終更新日
2018年6月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「ハイレゾオーディオ」はここ数年脚光を浴びている新しいデジタルオーディオの形式であり、
その一番のキャッチフレーズは「CDを超えた高音質」と言われ、一般ユーザーにも相応の
認知度となってきているが、一部のオーディオマニアを除いてハイレゾが浸透しているとは
思われない現状がある。
ハイレゾは音楽ファイル形式のフォーマットであり、その入手にはネット環境が不可欠である。

また、USBドライバーや再生ソフトのPCへのインストール/設定という作業が必要であり、
これはハイレゾ普及に対するマイナス要因のひとつとなっていることは間違いない。
ハイレゾに関しての解説書籍とムックは一般ユーザーにとって「音質が良い」と思わせる、
どちらかと言えばイメージ先行的なもので、核心についての理論解説はなされていない
ケースも見かける。

本書はこうした観点から、多くのユーザーにとってハイレゾオーディオに関する未知の
技術解説を行うものである。
大手半導体メーカーでハイレゾ技術の最先端を開拓してきた筆者が、高音質技術について
検証し、理論的バックグラウンドを基にハイレゾの仕組みについて徹底して解説するもので、
よい音を出すためのポイントを押さえ、ハイレゾへの理解が深まる内容となっている。

■目次
1.ハイレゾの前にデジタルオーディオの基本について 
2.デジタルオーディオ・フォーマット 
3.音楽ソフトの制作 
4.ハイレゾの始まり 
5.ハイレゾソフト(アルバム)の現状 
6.ハイレゾの再生 
7.ハイレゾ対応オーディオ機器のスペック表示とその意味 
8.ハイレゾを支える基幹デバイス

***********************************************************************

目次

1.ハイレゾの前にデジタルオーディオの基本について 
2.デジタルオーディオ・フォーマット 
3.音楽ソフトの制作 
4.ハイレゾの始まり 
5.ハイレゾソフト(アルバム)の現状 
6.ハイレゾの再生 
7.ハイレゾ対応オーディオ機器のスペック表示とその意味 
8.ハイレゾを支える基幹デバイス

著者プロフィール

河合 一  (カワイ ハジメ)  (著/文

河合 一:大手半導体メーカー日本TIでデジタルオーディオLSI開発に従事し、著名製品を担当した、日本有数のデジタルオーディオ・スペシャリスト。現在はフリーでコンサルタントなどを行う一方、雑誌『MJ無線と実験』でデジタルオーディオ関連記事を執筆中。2011年に書籍『デジタルオーディオの基本と応用』上梓。

上記内容は本書刊行時のものです。