版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「食」の未来で何が起きているのか  「フードテック」のすごい世界 石川伸一(監修) - 青春出版社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

「食」の未来で何が起きているのか  「フードテック」のすごい世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青春出版社
新書判
縦174mm 横108mm 厚さ10mm
重さ 145g
192ページ
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-413-04635-0   COPY
ISBN 13
9784413046350   COPY
ISBN 10h
4-413-04635-8   COPY
ISBN 10
4413046358   COPY
出版者記号
413   COPY
Cコード
C0236  
0:一般 2:新書 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年9月1日
最終更新日
2021年9月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「フード」と「テクノロジー」をかけ合わせた「フードテック」が注目されている。
大豆などの植物成分から作られた「代替肉」や、肉の細胞を増殖させて作る「培養肉」などがその代表。
本書は、いま国内外の「食」の最前線ではどんな研究・開発が行われているのか、すでに実用化されはじめたもの、実用化されようとしているもので、だれもが無関心ではいられない事例を紹介。知的好奇心を刺激し、知れば誰かに話したくなる一冊である。

著者プロフィール

石川伸一  (イシカワシンイチ)  (監修

宮城大学食産業学群教授。東北大学大学院農学研究科修了。北里大学助手・講師、カナダ・ゲルフ大学客員研究員(日本学術振興会海外特別研究員)などを経て、現職。専門は、分子調理。関心は、食の「アート×サイエンス×デザイン×テクノロジー」。著書に『「食べること」の進化史』、『分子調理の日本食』、監修書に『食の科学』、『フードペアリング大全』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。