版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ベトナム戦争と韓国、そして1968 コ ギョンテ(著/文) - 人文書院
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784409510865

ベトナム戦争と韓国、そして1968

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦188mm 横132mm 厚さ25mm
重さ 415g
374ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-409-51086-5   COPY
ISBN 13
9784409510865   COPY
ISBN 10h
4-409-51086-X   COPY
ISBN 10
440951086X   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C1022
教養 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年8月27日
書店発売日
登録日
2021年6月22日
最終更新日
2021年10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-10-02 朝日新聞  朝刊
評者: 生井英考(立教大学アメリカ研究所所員)
MORE
LESS

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-10-27
MORE
LESS

紹介

1968年2月12日、ベトナム、フォンニ・フォンニャット村。

ベトナム戦争の最中でおきた虐殺事件。その日いったい何が起きたのか。

韓国社会を揺るがせた戦争加害の証言。

ハンギョレ新聞の記者である著者が、インタビューをかさね丹念に追った戦争の記憶と東アジアの激動の歴史! 韓国から見た1968年論ともいえる本書は、市民運動の高まりにも言及しつつ戦争の傷からの和解を模索する。



本書は、ベトナム戦争に派兵された韓国軍による民間人虐殺事件に焦点を当て、ベトナム派兵を決定した朴正煕政権、米韓関係を中心とした韓国を取り巻く国際関係、さらに日本のベ平連などのベトナム反戦運動など、事件の実相とその背景について多角的分析を試みたものである。筆者は何度も現地に足を運び被害者やその遺族からの証言に耳を傾けるとともに、ベトナム戦争に従軍した韓国軍人への調査も行い、戦争における被害-加害の両面を丹念に追いかける。さらに、民間人虐殺事件をめぐる謝罪や慰霊の問題にも言及することにより、戦争が残した爪痕の深さを伝え、戦争責任の問題をめぐる今日的な問題を提起している。

目次

目次:
日本語版への序文--あの日のベトナム戦争史
重要登場人物
フォンニ・フォンニャット村地図

プロローグ 銃声、ある謎 1968年2月12日
第1章 二つの戦線
第1節 卑劣な街 
 ロアン、因果応報の時間 
第2節 青瓦台襲撃、トイボ襲撃---北朝鮮がベトナムを助ける
第3節 キム・シンジョと大韓民国----兵営国家の誕生
第4節 ブンタウから平壌へ--アン・ヨンスと兄アン・ハクス
 ベトナム戦初の捕虜誕生
第5節 ガジュマルの木は見た---フォンニ・フォンニャット、歴史

第2章 ガジュマルの木の虐殺
第1節 少年と少女の戦争--グエン・ティ・タンとチャン・ジエブ
 グエン・ティ・タン、韓国に来る
 ふざけ相手だった韓国軍、銃を撃った韓国軍---グエン・ドゥク・サン氏インタビュー
 「なぜ撃った? なぜ切り裂いた?」---チャン・ジエブの話
第2節 あそこに人がいるよ---南ベトナム軍、グエン・サの悲哀
 「お菓子をもらった。怖かった」---グエン・ティ・ルオンとグエン・ティ・ギア
第3節 子守唄のなかの虐殺--母親の懐で生き延びたレ・ディン・マン
 レ・ディ・マンの兄ムク
第4節 水牛が変えた生死---チャン・ティ・ドゥオクとファン・ルオン家族の物語
 チャン・ティ・ドゥオクとファン・ルオンの黄昏

第3章 復讐の夢
第1節 最も残酷な攻撃---FとGと名付けられたグエン・ティ・タン
第2節 仇を討とう、山へ入ろう--グエン・スとチャン・ヴァン・タの襲撃
 「アメリカ軍の陰謀だと思った。」----村の長老グエン・ス
 地雷を踏んであえいでいた同志---チャン・ヴァン・タの山での生活
第3節 俺はスナイパーだ---ベトコンになった脱走兵チャン・ヴァン・ナム
 言葉で闘ったチャン・トゥ
第4節 写真、撮る者と撮られる者--米軍上兵ボーンと少女チャン・ティ・ドゥオク
第5節 精霊のセ---フォンルック村の不吉な家の秘密
 フォンニ・フォンニャット・フォンルック事件
第6節 ダナン博物館の一枚の写真---可愛らしいちびっ子たちの消息を聞いてほしい

第4章 海兵の日々
第1節 徒党争いのはるか遠い追憶---チェ・チュオン中尉、ホイアンに行く
 「ピョンシンセッキども」--1968年の雑誌『アリラン』に掲載されたある負傷軍人の絶叫
第2節 真っ白なジャングル---殺すか殺されるか
第3節 アラン・ドロンのサインのように---戦闘より重要な作戦
第4節 ヤンキー、銭の戦争---一二時間以内に軍票を回収せよ
第5節 中央情報部での一日---なぜ、誰が撃ったのか?

第5章 偽装と特命
第1節 戦争犯罪は事実なのか?---ウエストもーランドからチェ・ミンシンへ
第2節 ベトコンの邪悪な陰謀--チェ・ミンシンからウェストモーランドへ
第3節 私たちは虫ケラなのか?---嘆願書、チュー、ミライ
第4節 絶対、絶対にマスコミには…---サイミントン聴聞会という暗雲
 「その部隊の一員だったというのは汚名だよ」---第一小隊長チョ・ヨンオン氏インタビュー
「中隊長が手で首をはねる仕草をしたんです」---第二「小隊員のリュ・ジンソン氏インタビュー

第6章 チェ・ゲバラのように
第1節 撃つな、疲れた--パク・チョンヒを止めに来たヴァンス
第2節 虫の側で闘う---ベ平連、小田実の闘争
 戦後日本の平和運動のリーダー-----小田実のと生涯
第3節 鳥籠を飛び出してスウェーデンへ---キム・ジンスの脱走亡命
第4節 旅券偽造007作戦----ジャテックと高橋武智
 八〇歳代でも市民運動家として生きる
第5節 ゲバラからホー・チ・ミンまで---巨大なかがり火、六八年運動

エピローグ---慰霊碑、七四の名前の前で
補論 カンのつま先---二〇年ぶりに復元された一枚の写真の話

解説 平井一臣
年表

著者プロフィール

コ ギョンテ  (コギョンテ)  (著/文

コ・ギョンテ/『ハンギョレ土曜版』編集者。1967年生まれ。『ハンギョレ21』で、ベトナム戦争民間人虐殺報道を担当。枯葉剤後遺症戦友会2千余名の新聞社襲撃という初の事件を経験。読者が集めた募金でベトナムに「韓ベ平和公園」の建設に参与。『ハンギョレ21』編集長、『シネ21』編集長、生活文化セクション等のチーム長、文化スポーツ編集者等を歴任。著書として『誘惑する編集者』、『書き込みホームスクール』、『韓国民現代史』等。

平井 一臣  (ヒライカズオミ)  (翻訳

平井一臣(ひらい・かずおみ)/1958年生まれ。九州大学大学院法学研究科博士後期課程政治専攻単位取得退学。博士(法学)。現在、鹿児島大学教授。専門は政治史・地域政治。主な論文・著書に「再考・小田実とベ平連-ベ平連への参加と『難死』の思想・『加害』の論理-」『国立歴史民俗博物館研究報告』第216集、2019年、「1968年のベ平連-生成・共振・往還の運動のなかで-」『思想』第1129号、岩波書店、2018年、『つながる政治学-12の問いから考える』法律文化社、2019年(共編著)、『べ平連とその時代--身ぶりとしての政治』有志舎、2020年、など。

姜 信一  (カンシンイル)  (翻訳

姜信一(かん・しんいる)/1971年生まれ。建国大学大学院行政学科博士後期課程修了(単位取得退学)。九州大学大学院博士こうr機過程単位取得満期退学。現在、九州国際大学教授。専門は、行政学、地方自治。主な論文・著作に、「일본 지방자치의 오늘을 본다(原題:分権の光・集権の影)」(単著<韓国語訳>)、建国大学校 出版部(韓国)、2003 年、 「韓国の情報化村事業についての考察:情報格差と経済格差の解消へのアプロー チ」(共著) 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』第 29 号、2012 年(姜 信一・稲葉美由紀)、「地方議員の専門性強化方案:地方議会政治センターの設立を中心に」(共著) 『韓国ガバナンス学会報』第 21 巻 第2号、2014 年(琴敞淏・姜信一)、「文在寅政権の対北朝鮮政策の方向」(単著)『東アジア研究』25号(東アジア学会)、2019 年、など。

木村 貴  (キムラタカシ)  (翻訳

木村貴(きむら・たかし)/1972年生まれ。釜山大学校大学院法学科公法専攻博士課程修了(単位取得退学)。九州大学大学院法学府政治学専攻博士後期課程単位取得満期退学。現在、福岡女子大学教授。専門は、国際人権法、韓国政治。主な論文・著書に、『九州大学発韓国学の展望-東アジア共通課題解決にチ ャレンジする-』花書院、2013、共著、「韓国「民主化」のなかの在日韓国人」『世界』835,岩波書店、2012、『コリアの法と社会』日本評論社、2020、共著、など。

山田 良介  (ヤマダリョウスケ)  (翻訳

山田良介(やまだ・りょうすけ)/1972年生まれ。九州大学大学院法学研究科政治学専攻博士後期課程単位取得退学。現在、九州国際大学准教授。専門は、政治史・日韓関係。主な論文・著書に、『政治史への問い/政治史からの問い』、(共著)法律文化社、2009 年、(熊野直樹、山田良介他著)、『九州大学発韓国学の展望』、(共著)花書院、2013 年、(松原 孝俊編)、『つながる政治学』、(共著)法律出版社、2019 年、(平井一臣、 土肥勲嗣編)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。