版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
スマート・イナフ・シティ ベン・グリーン(著) - 人文書院
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

スマート・イナフ・シティ (スマートイナフシティ) テクノロジーは都市の未来を取り戻すために (テクノロジーハトシノミライヲトリモドスタメニ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦188mm 横132mm 厚さ20mm
重さ 340g
298ページ
並製
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-409-24149-3   COPY
ISBN 13
9784409241493   COPY
ISBN 10h
4-409-24149-4   COPY
ISBN 10
4409241494   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C1036  
1:教養 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年8月18日
書店発売日
登録日
2022年6月23日
最終更新日
2022年8月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-11-05 日本経済新聞  朝刊
評者: 森川博之(東京大学教授)
MORE
LESS

重版情報

2刷 出来予定日: 2022-12-15
MORE
LESS

紹介

AIを駆使したスマート・シティ計画。夢の技術によって都市の問題はすべて片付くのだろうか?我々は技術がすべて解決という「テック・ゴーグル」をつけたテクノロジーの伝道者に踊らされていないだろうか?
本書は、スマート・シティの背後にある政治性を明らかにし、テクノロジーが都市の統治と生活に与える無数の影響に光を当てることを目的としている。多くの失敗例や危険性を明らかにしながら、技術を適切に利用した、公正で民主的な都市のあり方を、行政に詳しい著者が提言する。行政職員はもちろん、現代の都市に住む全ての人々に贈る話題の書。

○目次
1章 スマート・シティ――水平線上の新時代
2章 住みやすい都市――テクノロジーの限界と危険性
3章 民主的な都市――テクノロジーの影響に関する社会的意思決定
4章 公正な都市――機械学習の社会的、政治的基盤
5章 責任ある都市――テクノロジーによる非民主主義的な社会契約を回避する
6章 革新的な都市――都市行政における技術変化と非技術的変化の関係
7章 スマート・イナフ・シティ――過去からの教訓と未来にむけたフレームワーク

目次


謝辞

1章 スマート・シティ---水平線上の新時代
2章 住みやすい都市---テクノロジーの限界と危険性
3章 民主的な都市---テクノロジーの影響に関する社会的意思決定
4章 公正な都市---機械学習の社会的、政治的基盤
5章 責任ある都市---テクノロジーによる非民主主義的な社会契約を回避する
6章 革新的な都市:都市行政における技術変化と非技術的変化の関係
7章 スマート・イナフ・シティ---過去からの教訓と未来にむけたフレームワーク


文献

訳者あとがき

著者プロフィール

ベン・グリーン  (ベングリーン)  (

ベン・グリーン
Ben Green/ミシガン大学ソサエティ・オブ・フェロー博士研究員。ジェラルド・R・フォード公共政策大学院助教授。ハーバード大学で応用数学の博士号を取得。アルゴリズムの公正さ、人間とアルゴリズムの相互作用、AI規制を中心に、政府のアルゴリズムがもたらす社会的・政治的影響について研究を行う。ハーバード大学バークマン・センターにてアフィリエイト、民主主義とテクノロジーセンターにてフェローを兼任。

中村 健太郎  (ナカムラケンタロウ)  (

中村 健太郎(なかむら・けんたろう)
1993年生まれ。NPO法人CHArプログラマ、東京大学学術専門職員を経て、現在東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 学際情報学専攻に在籍。主な寄稿に、「Eyal Weizman “Forensic Architecture VIOLENCE AT THE THRESHOLD OF DETECTABILITY” 建築が証言するとき──実践する人権をめざして」(建築討論、2018年11月号)など。

酒井 康史  (サカイヤスシ)  (

酒井 康史(さかい・やすし)
1985 年生まれ。日建設計/デジタルデザインラボを経て、現在 MIT Media Lab 博士課程兼 リサーチアシスタント。人とテクノロジーの関係を探りつつ、"都市という機械" を対象に研究する。分散ヴァージョン管理システムや新しい民主プロセスを参照し、建築 や都市における集団的合意形成をサポートするシステムの開発に携わる。

上記内容は本書刊行時のものです。