版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
心葉 白畑 よし(著/文) - 人文書院
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

重版中

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784409160770

心葉 平安の美を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
A5判
208ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-409-16077-0   COPY
ISBN 13
9784409160770   COPY
ISBN 10h
4-409-16077-X   COPY
ISBN 10
440916077X   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
重版中
初版年月日
1997年1月
書店発売日
登録日
2021年11月12日
最終更新日
2021年11月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

3刷 出来予定日: 2021-11-25
MORE
LESS

紹介

優雅と静寂と彼岸への願い。移りゆく四季や恋慕を繊細に表現する歌ごころ、無常観と女人救済を法華経に託し、源氏物語から絵巻物、平家納経にいたる平安の美の極致を語る。

目次

まえがき(志村ふくみ)

平安美術を語ることの難しさ
『源氏物語絵巻』の深奥
美は感受するもの
ほんとうの文化とは
富本先生のことなど
半磁器と半紬
平安時代の色と音の響き

平安建都の意味
女手と男手、女文字と男文字
やまと絵屏風のこと
『源氏物語』に流れている天台思想
『三十六人集』の素晴らしさ

現代における荘厳とは(志村ふくみ)
「日本仏教美術名宝展」をめぐって
極楽浄土への痛切な希い
草木国土悉皆成仏の思想
水上の平等院(志村ふくみ)
信仰にも裏打ちされた美意識
天台の信仰と恵心僧都
比叡三景(志村ふくみ)
法華経と女人往生
葦手と歌絵
「久能寺経」と「平家納経」
草合(競合)
「久能寺経」の歌絵
歌絵の発見
無常を知る王朝人

女たちの教養
色の世界の深さ
象徴性をもった王朝の色彩
色と音-東洋の世界観
紙のいろいろ
平安貴族の「大饗」
室礼ということ
心葉にみるゆかしさ
香りの文化
あとがき(志村ふくみ)

上記内容は本書刊行時のものです。