版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
聖杯の神話 ジョーゼフ・キャンベル(著) - 人文書院
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

聖杯の神話 (セイハイノシンワ) アーサー王神話の魔法と謎 (アーサーオウシンワノマホウトナゾ)
原書: Romance of the Grail

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦194mm 横135mm 厚さ30mm
重さ 500g
370ページ
上製
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-409-14069-7   COPY
ISBN 13
9784409140697   COPY
ISBN 10h
4-409-14069-8   COPY
ISBN 10
4409140698   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年9月25日
書店発売日
登録日
2023年5月10日
最終更新日
2023年9月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アーサー王伝説・聖杯伝説から比較神話学の世界を拓く

世界各地の神話物語の比較を通じて、神話の類似性・普遍性に着目し、人間の精神性を追究したキャンベル。本書は中世ヨーロッパにおけるアーサー王伝説・聖杯伝説をテーマに、聖杯の起源と意味、円卓の騎士たちの冒険の分析、東洋神話との比較を通じて、神話のシンボルの本質に迫る。キャンベルが築いた豊かな比較神話学の世界はここから始まる。

キャンベルが一九二七年三月一五日にコロンビア大学の英語・比較文学科に提出した、修士論文『「災いの一撃」の研究(“A Study of the Dolorous Stroke”)』を「補論『「災いの一撃」の研究』」として掲載。

◎目次
編者まえがき
謝 辞

Ⅰ 聖杯物語の基礎と背景
 第1章 アーサー王伝説の背景――新石器時代、ケルト、ローマ、ゲルマンの時代
 第2章 アイルランドのキリスト教――聖ブレンダンと聖パトリック
 第3章 神学、愛、トルバドゥール、ミンネジンガー

Ⅱ 冒険の旅に出る騎士たち
 第4章 ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの『パルチヴァール』
  ガハムレト / パルチヴァール / ガウェイン / フェイレフィース / ヴォルフラムの『パルチヴァール』に映じた東洋世界の影
 第5章 トリスタンとイゾルデ
  トリスタン物語の起源と伝承 / 馬、豚、そして竜――マーク王とトリスタン / トリスタンの物語に映じた日本と南アフリカの影
 第6章 円卓の騎士たち
  アーサー / ガラハッド、ボールス、パーシヴァル / ランスロット/イヴァン / 『ガウェイン卿と緑の騎士』

Ⅲ テーマとモチーフ
 第7章 荒地
  魔法にかかっていること、魔法を解かれること / 任命を受けただけの王 / 傷 / 漁夫王 / 聖杯 / アヴァロン

補論 「災いの一撃」の研究

訳者あとがき 
ジョーゼフ・キャンベル・ライブラリー
  ――中世のアーサー王物語に関連する作品(「ジョーゼフ・キャンベル・コレクション」より)
ジョーゼフ・キャンベル著作目録
図版出典
索引

目次

編者まえがき
謝 辞

Ⅰ 聖杯物語の基礎と背景
 第1章 アーサー王伝説の背景――新石器時代、ケルト、ローマ、ゲルマンの時代
 第2章 アイルランドのキリスト教――聖ブレンダンと聖パトリック
 第3章 神学、愛、トルバドゥール、ミンネジンガー

Ⅱ 冒険の旅に出る騎士たち
 第4章 ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの『パルチヴァール』
  ガハムレト / パルチヴァール / ガウェイン / フェイレフィース / ヴォルフラムの『パルチヴァール』に映じた東洋世界の影
 第5章 トリスタンとイゾルデ
  トリスタン物語の起源と伝承 / 馬、豚、そして竜――マーク王とトリスタン / トリスタンの物語に映じた日本と南アフリカの影
 第6章 円卓の騎士たち
  アーサー / ガラハッド、ボールス、パーシヴァル / ランスロット/イヴァン / 『ガウェイン卿と緑の騎士』

Ⅲ テーマとモチーフ
 第7章 荒地
  魔法にかかっていること、魔法を解かれること / 任命を受けただけの王 / 傷 / 漁夫王 / 聖杯 / アヴァロン

補論 「災いの一撃」の研究

訳者あとがき 
ジョーゼフ・キャンベル・ライブラリー
  ――中世のアーサー王物語に関連する作品(「ジョーゼフ・キャンベル・コレクション」より)
ジョーゼフ・キャンベル著作目録
図版出典
索引

著者プロフィール

ジョーゼフ・キャンベル  (ジョーゼフキャンベル)  (

【著者】ジョーゼフ・キャンベル
Joseph Campbell/1904年-1987年。アメリカ生まれの神話学者。比較神話学や比較宗教学で知られる。1934年よりサラ・ローレンス大学教授を務めた。著書に『千の顔をもつ英雄』上下(平田武靖・浅輪幸夫監訳、伊藤治雄・春日恒男・高橋進訳、人文書院)、『宇宙意識 神話的アプローチ』(鈴木晶・入江良平訳、人文書院)、ビル・モイヤーズとの共著『神話の力』(飛田茂雄訳、ハヤカワ文庫)、『ジョーゼフ・キャンベルの神話と女神』(倉田真木訳、原書房)など。

斎藤 伸治  (サイトウシンジ)  (

【訳者】斎藤 伸治(さいとう・しんじ)
1962年3月生まれ。山形県南陽市出身。現在、岩手大学人文社会科学部教授。専門は言語学、言語論、文字論。主な著訳書として、ロイ・ハリス / タルボット・J・テイラー『言語論のランドマーク――ソクラテスからソシュールまで』(大修館書店、1997年、滝沢直宏氏との共訳)、フロリアン・クルマス『文字の言語学――現代文字論入門』(大修館書店、2014年)、『21世紀の言語学――言語研究の新たな飛躍へ』(ひつじ書房、2018年、今井隆氏との共編著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。