版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ポスト・アートセオリーズ 北野 圭介(著/文) - 人文書院
..

ポスト・アートセオリーズ 現代芸術の語り方

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦188mm 横132mm 厚さ20mm
270ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-409-10044-8   COPY
ISBN 13
9784409100448   COPY
ISBN 10h
4-409-10044-0   COPY
ISBN 10
4409100440   COPY
出版者記号
409   COPY
 
Cコード
C1070
教養 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月22日
書店発売日
登録日
2021年1月29日
最終更新日
2021年1月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

拡散する現代アートに対峙する理論とは何か。
芸術の終焉、ポストモダニズム、ポストセオリーの時代を越えて、来るべき理論を探る野心作。

1980年代、アーサー・ダントーは「芸術の終焉」を唱えた。しかし、その後、現代アートはグローバル資本主義の拡大に同伴するかのように爆発的な隆盛を見せる。一方、芸術に向き合ってきた人文学はポストモダニズムの席巻の後、社会主義の崩壊、メディア技術の発展やアート自体の拡散も相俟って、理論的なものが後退してゆく。果たしていまや、この事態に斬り込む言葉はあるのか。本書では、「理論」を牽引するジャーナル『オクトーバー』『クリティカル・インクワイアリー』の変遷を軸に、現代思想とアートの複雑な絡み合いを読み解く。米国を越えて加速する世界規模の知のサーキュレーションを背景に、かつての理論的地平の乗り越えを試みる。

〇目次
はじめに

Ⅰ 理論

1 「芸術の終焉」以降のアートの語り方
「ポストアート」という語り方/「芸術とは何か」という問いの深化/「芸術とはなにか」という問いとはどのような問いか/デュシャンとウォーホール/メタ実在論としての「芸術の終焉」論

2 ポストモダニズムとはどのようなものであったのか
ポストモダニズム美学、その前夜/ポストモダニズム美学、その祭りの後から/記号とは何でなかったのか/記号の前と後、あるいは形而上学の一歩手前/モノを旋回する『オクトーバー』/「対象性」の奈落①/「対象性」の奈落②/分析哲学の「オクトーバー」/作品なる対象の彷徨い

3 ポストセオリーという視座
理論の危機の諸相/二一世紀における知の基盤としてのメディア論/モノの迷路を問いただすミュージアム/ひとが作品を欲望するのか、作品がひとを欲望するのか/哲学を穿つメディア論/モノ、メディウム、アートの三角形/折り重なるメディウム/「対象」なきあとの芸術実践/参加のダイナミズム/ダイナミズムのなかの参加/アートなる力動態、その形態学/人間、すなわち、イメージと画像が往還するメディウム/三つの展覧会が指し示すもの

Ⅱ 批評

1 分断された肉体――寺山修司
2 ポストモダニズムを射抜く――ミックスド・メディア・シアター
3 紅のバラ――ピナ・バウシュ「窓拭き人」
4 イメージのマテリアリティ――アラン・セクーラ
5 イメージの制御、その行方――「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」
6 呼び覚まされる声――三輪眞弘+前田真二郎「モノローグ・オペラ『新しい時代』」
7 黒いコードの群れ──クリスチャン・ボルタンスキー「Lifetime」

Ⅲ 討議

冷戦終結以降におけるアートと思想の拡散と停滞
――ミハイル・ヤンポリスキーを中心に[+乗松亨平、番場俊]
ヤンポリスキーと「理論」の行方/アメリカのヤンポリスキー――アヴァンギャルド、『オクトーバー』、ボスト冷戦/メディウムと存在論の狭間で

あとがき

目次

はじめに

Ⅰ 理論

1 「芸術の終焉」以降のアートの語り方
「ポストアート」という語り方/「芸術とは何か」という問いの深化/「芸術とはなにか」という問いとはどのような問いか/デュシャンとウォーホール/メタ実在論としての「芸術の終焉」論

2 ポストモダニズムとはどのようなものであったのか
ポストモダニズム美学、その前夜/ポストモダニズム美学、その祭りの後から/記号とは何でなかったのか/記号の前と後、あるいは形而上学の一歩手前/モノを旋回する『オクトーバー』/「対象性」の奈落①/「対象性」の奈落②/分析哲学の「オクトーバー」/作品なる対象の彷徨い

3 ポストセオリーという視座
理論の危機の諸相/二一世紀における知の基盤としてのメディア論/モノの迷路を問いただすミュージアム/ひとが作品を欲望するのか、作品がひとを欲望するのか/哲学を穿つメディア論/モノ、メディウム、アートの三角形/折り重なるメディウム/「対象」なきあとの芸術実践/参加のダイナミズム/ダイナミズムのなかの参加/アートなる力動態、その形態学/人間、すなわち、イメージと画像が往還するメディウム/三つの展覧会が指し示すもの

Ⅱ 批評

1 分断された肉体――寺山修司
2 ポストモダニズムを射抜く――ミックスド・メディア・シアター
3 紅のバラ――ピナ・バウシュ「窓拭き人」
4 イメージのマテリアリティ――アラン・セクーラ
5 イメージの制御、その行方――「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」
6 呼び覚まされる声――三輪眞弘+前田真二郎「モノローグ・オペラ『新しい時代』」
7 黒いコードの群れ──クリスチャン・ボルタンスキー「Lifetime」

Ⅲ 討議

冷戦終結以降におけるアートと思想の拡散と停滞
――ミハイル・ヤンポリスキーを中心に[+乗松亨平、番場俊]
ヤンポリスキーと「理論」の行方/アメリカのヤンポリスキー――アヴァンギャルド、『オクトーバー』、ボスト冷戦/メディウムと存在論の狭間で

あとがき

人名索引

著者プロフィール

北野 圭介  (キタノケイスケ)  (著/文

北野 圭介(きたの・けいすけ)
1963年生。ニューヨーク大学大学院映画研究科博士課程中途退学。ニューヨーク大学教員、新潟大学人文学部助教授を経て、現在、立命館大学映像学部教授。映画・映像理論、メディア論。2012年9月から2013年3月まで、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ客員研究員。著書に『ハリウッド100年史講義 夢の工場から夢の王国へ』(平凡社新書、2001年/新版2017年)、『日本映画はアメリカでどう観られてきたか』(平凡社新書、 2005年)、『大人のための「ローマの休日」講義 オードリーはなぜベスパに乗るのか』(平凡社新書、2007年)、『映像論序説 〈デジタル/アナログ〉を越えて』(人文書院、2009年)、『制御と社会 欲望と権力のテクノロジー』(人文書院、2014年)。編著に『映像と批評ecce[エチェ]』1~3号(2009年~2012年、森話社)、訳書にD・ボードウェル、K・トンプソン『フィルムアート 映画芸術入門』(共訳、名古屋大学出版会、2007年)、アレクサンダー・R・ギャロウェイ『プロトコル』(人文書院、2017年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。