版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ボードリヤールとモノへの情熱 アンヌ・ソヴァージョ(著/文) - 人文書院
..

ボードリヤールとモノへの情熱 現代思想の写真論

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦192mm 横134mm
重さ 330g
204ページ
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-409-04116-1   COPY
ISBN 13
9784409041161   COPY
ISBN 10h
4-409-04116-9   COPY
ISBN 10
4409041169   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月21日
書店発売日
登録日
2021年5月11日
最終更新日
2021年5月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

哲学者×写真家 哲学と文化の高度に特異的で挑発的な分析を展開したユニークな思想家ボードリヤールの新しい像。ボードリヤール撮影による写真8葉収録。訳者による詳細な解説を付す。



日本でのボードリヤール受容は今なお「ポストモダンの思想家」のレベルにとどまっている感があるが、本書はそうした既視感を越えて「哲学者=写真家」としてのボードリヤールに接近するための最新の入門書だといってよいだろう。---訳者解説より

目次

口絵 ボードリヤール・アーカイヴ(Ⅰ~Ⅷ)
序章
Ⅰ ボードリヤールとモノへの情熱
 1 記号としてのモノ
 2 シミュラークルとしてのモノ
 3 犯罪の対象としてのモノ
 4 陰謀の対象としてのモノ
 5 情熱の対象としてのモノ

Ⅱ 現代思想の写真論(ボードリヤール講演録 1999年4月7日)
 1 ジャン・ボードリヤール講演「モノが私たちのことを考えている」
 2 ボードリヤールと聴衆との討論

終章 モノの運命

主要参考文献
解説--訳者後記にかえて(塚原史)

著者プロフィール

アンヌ・ソヴァージョ  (アンヌソヴァージョ)  (著/文

アンヌ・ソヴァージョ

トゥールーズ・ジャン・ジョレス大学名誉教授。社会学専攻。バーチャルリアリティでの社会的文化的インパクト、デジタルメディアでの社会的機能やその影響の研究などで著名。著書にL'epreuve des sens(PUF 2003)など多数。VR研究でフランス政府調査団に参加し来日(1998)。ボードリヤールと交流があり、現在もマリーヌ夫人と親しい。

塚原 史  (ツカハラフミ)  (翻訳

塚原 史(つかはら・ふみ)

早稲田大学名誉教授。専攻はフランス現代思想、ダダ・シュルレアリスム研究。著著に『ダダイズム―世界をつなぐ芸術運動』(岩波現代全書、2018)、『ボードリヤールという生き方』(NTT出版、2005)、『記号と反抗---20世紀文化論のために』(人文書院、1998)、訳書に、ヴュヤール『その日の予定』(岩波書店、2020)、エリボン『ランスへの帰郷』(みすず書房、2020)、ベンヤミン『パサージュ論』(岩波現代文庫、2020、共訳)、ボードリヤール『消費社会の神話と構造』(紀伊國屋書店、1979/2015、共訳)、ほか多数。来日講演などを通じてボードリヤールと長年の交流があった。

上記内容は本書刊行時のものです。