版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
カリブ-世界論 中村 隆之(著/文) - 人文書院
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784409041055

カリブ-世界論 植民地主義に抗う複数の場所と歴史

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
450ページ
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-409-04105-5   COPY
ISBN 13
9784409041055   COPY
ISBN 10h
4-409-04105-3   COPY
ISBN 10
4409041053   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C3010  
3:専門 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2021年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-12-29 日本経済新聞
評者: 陣野俊史(批評家)
2013-11-10 読売新聞
評者: 管啓次郎(詩人、比較文学者、明治大学教授)
2013-10-20 東京新聞/中日新聞
MORE
LESS

紹介

2009年2月、カリブ海に浮かぶフランス領の島、グアドループ、マルティニックで歴史上最大規模のストライキが起こる。普段は観光客で賑わう南の島々でのこの出来事は、フランス本土に強い衝撃をもたらした。それは単に離島ゆえの物価高の是正を求める運動ではなかったからだ。
本書はこの出来事のインパクトから出発し、大西洋をまたぐ奴隷制と植民地主義の血に染まった歴史をたどる。そこに描かれる無数の暴力と、同化/独立を願った民衆・知識人の苦闘は、世界史の新たな扉を開き、読む者を震わせるだろう。数百年におよぶ壮大なスケールと、政治社会から文学、音楽まで広範な領域をほとばしる筆致で描き出す、地域研究を越える圧倒的傑作。

著者プロフィール

中村 隆之  (ナカムラ タカユキ)  (著/文

1975年生まれ。東京外国語大学大学院地域文化研究科博士課程修了。現在は、大東文化大学外国語学部講師。選考は、フランス語圏カリブ海文学・地域研究。著書に『フランス語圏カリブ海文学小史』(風響社、2011年)、訳書に『ニグロとして生きる』(法政大学出版局、2011年)、エドゥアール・グリッセン『フォークナー、ミシシッピ』(インスクリプト、2012年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。