版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
シェリング以後の自然哲学 イアン・ハミルトン・グラント(著) - 人文書院
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

シェリング以後の自然哲学 (シェリングイゴノシゼンテツガク)
原書: Philosophies of Nature After Schelling

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦194mm 横135mm 厚さ35mm
重さ 590g
456ページ
上製
定価 6,000円+税
ISBN
978-4-409-03129-2   COPY
ISBN 13
9784409031292   COPY
ISBN 10h
4-409-03129-5   COPY
ISBN 10
4409031295   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C3010  
3:専門 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年12月22日
書店発売日
登録日
2023年6月30日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

シェリングを現代哲学の最前線に呼び込み、
カント主義批判により思弁的実在論の始原ともなった重要作

シェリング思想に一貫して流れるのは自然哲学である。それは、カントのように自然を表象や言語の内に閉じ込めず、生命を超え自然そのものへ向かう驚くべき思想である。プラトン、アリストテレスらの古代ギリシア哲学、カント、フィヒテらのドイツ観念論、バディウ、ドゥルーズらの20世紀思想、そのほか多くの自然哲学者らとシェリングを、時に大胆に時に繊細に対決させ、革新的な読解へと導く。「何ものも消去しない観念論だけが質料ないし物質の哲学でありうる。」

「本書は二つの課題を果たすことを意図していた。第一の課題は、シェリングの哲学上および概念上の驚嘆すべき独創性をヨーロッパ哲学の一つの文脈〔〈カント以後〉の哲学という文脈〕のなかへ導入する、ということである。……第二の課題は、ヨーロッパ哲学の問題に直面してシェリングがみずからの自然学にもとづいて考案した解決策を推奨すること、さらにシェリングの解決策を用いて〔じっさいに〕ある種の〈自然の形而上学〉を構築する、ということである。」(本書より)

◎目次
第一章 なぜシェリングなのか、なぜ自然哲学なのか
第二章 生成の力能――発生的哲学におけるプラトン自然学の再興
第三章 反自然学と新フィヒテ主義
第四章 無制約的なものの自然史
第五章 「 私の内部で思考しているものは私の外部にあるものである」――現象であること・自然学・イデア
第六章 力動的哲学、超越論的自然学
第七章 結論――超越論的地質学

目次

第一章 なぜシェリングなのか、なぜ自然哲学なのか
 一・一 カント以後の自然哲学
 一・二 ポスト・カント主義の自然本性
 一・三 〈哲学体系の広さの比較〉としての哲学史

第二章 生成の力能――発生的哲学におけるプラトン自然学の再興
 二・一 本質と現象――大自然学の脱自然化
  二・一・一 〈全〉の自然学と万物の自然学
  二・一・二 質料、物体、実体
  二・一・三 叡智的宇宙(コスモス・ノエートス)
 二・二 生成によって存在となったもの――「種類」とプラトン自然学における力動
 二・三 自然史

第三章 反自然学と新フィヒテ主義
 三・一 後期の超越論的自然学と哲学――カントと物体主義
  三・一・一 超越論主義の発生論
  三・一・二 相対的反自然学としての超越論的哲学
  三・一・三 巨大物体と上層
   三・一・三・一 超越論的哲学における根底と上層
   三・一・三・二 巨大物体――物体的エーテル自然学
   三・一・三・三 力動的エーテル自然学
 三・二 反自然学としての形而上学――フィヒテ主義と世界の数
 三・三 反自然学としての有機体論――フィヒテ対オーケン
  三・三・一 オーケンの発生史――数学と動物
  三・三・二 自然なき自然哲学――フィヒテの「動物の本性」
 三・四 反自然学と学の諸根拠

第四章 無制約的なものの自然史
 四・一 ドイツ比較動物学の最初のプログラム
  四・一・一 超越論的解剖学の自然史
  四・一・二 自然学と動物界
  四・一・三 反復発生説の線型的使用と非線型的使用
   四・一・三・一 線型性
   四・一・三・二 発生の問題
   四・一・三・三 非線型性――自然史の新時代
 四・二 平行論の諸契機─ 自然の力動的な段階系列

第五章 「 私の内部で思考しているものは私の外部にあるものである」――現象であること・自然学・イデア
 五・一 自然そのものの主観〔主体・基体〕
 五・二 知性の分解

第六章 力動的哲学、超越論的自然学

第七章 結論――超越論的地質学

著者プロフィール

イアン・ハミルトン・グラント  (イアン ハミルトン グラント)  (

【著者】イアン・ハミルトン・グラント
Iain Hamilton Grant/1963年生まれ。現在、西イングランド大学ブリストル校上級講師。専門はシェリングを中心とするヨーロッパ哲学。ボードリヤールやリオ タールの英訳者でもある。カンタン・メイヤスー、グレアム・ハーマン、レイ・ブラシエとともに思弁的実在論の初期における有力な論者であった。本書は思弁的実在論の起源のひとつであると同時に、世界的なシェリング再評価を導いた著作である。

浅沼 光樹  (アサヌマ コウキ)  (

【翻訳】浅沼 光樹(あさぬま・こうき)
1964年、岩手県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程哲学専攻(西洋哲学史)研究指導認定退学。京都大学博士(文学)。専門は哲学・哲学史。著書に、『非有の思惟 シェリング哲学の本質と生成』(知泉書館)、『ポスト・ヒューマニティーズへの百年 絶滅の場所』(青土社)。訳書に、ホグレーベ『述語づけと発生 シェリング『諸世界時代』の形而上学』(加藤紫苑との共訳、法政大学出版局)。

上記内容は本書刊行時のものです。