版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
超越論的存在論 マルクス・ガブリエル(著) - 人文書院
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

超越論的存在論 (チョウエツロンテキソンザイロン) ドイツ観念論についての試論 (ドイツカンネンロンニツイテノシロン)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦194mm 横135mm 厚さ30mm
重さ 470g
348ページ
上製
価格 4,500円+税
ISBN
978-4-409-03128-5   COPY
ISBN 13
9784409031285   COPY
ISBN 10h
4-409-03128-7   COPY
ISBN 10
4409031287   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C1010  
1:教養 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年12月22日
書店発売日
登録日
2023年6月13日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

存在者へとアクセスする存在論的条件の探究

物自体への接近を論じるメイヤスーらの思弁的実在論と、ヘーゲルを独自の形で解釈するブランダム、マクダウェルらの分析哲学の批判的検討により、カント以降のドイツ観念論を新たな存在論として再構成することを試みた力作。「世界は存在しない」「複数の意味の場」など、その後に展開されるテーマをはらみ、ハイデガーの仔細な読解も目を引く、哲学者マルクス・ガブリエルの本格的出発点。

「本書で私が示したいのは、カント以降の観念論(特にフィヒテ、シェリング、ヘーゲルの哲学)を、現代の英米圏における一面的な(にもかかわらず科学一辺倒である)超越論的認識論と、昨今のフランス哲学における存在論の回帰(バディウやメイヤスー)のあいだの中間的な立場とみなすことができる、ということである。こうした中間的な立場にはまさに、私が超越論的存在論と呼ぶものを明確化することが必要なのである。私の説明によって、カント以降の観念論の構想が、「規範的なヘーゲル主義者たち」が私たちに抱かせるよりもいっそう存在論に近く、思弁的実在論が望んでいるよりもいっそう洗練され複雑であることが、明らかになるであろう。」(本書より)

○目次
謝辞

序論 超越論的存在論のコンテクスト
 第一節 超越論的存在論とは何か、そしてそれがなぜ私たちに必要なのか
 第二節 カント的な志向性の形而上学からカント以降の志向性の形而上学へ 
 第三節 論理学と存在論――バディウに抗して
 第四節 偶然性と一般的不完全さ

第一章 知の存在論
 第一節 シェリング、ヘーゲル、そして懐疑論の形而上学的な真理
  第一項 無知の知(シェリング)
  第二項 懐疑論と真無限(ヘーゲル)
  第三項 懐疑論と形而上学が再び結びつけられる(シェリングとヘーゲル)
 第二節 絶対的同一性と反省 ─ カント、ヘーゲル、マクダウェル
  第一項 カントによる最も革新的な脚注
  第二項 絶対的同一性 対 反省
  第三項 批判概念としての絶対的同一性 
 第三節 表象それ自体の病理的な構造――ヘーゲルの「人間学」
  第一項 ヘーゲルの「人間学」における身体性の理論(『エンチュクロペディ』三八八―四一二節)
  第二項 〈所与の神話〉に対するヘーゲルの拒否

第二章 シェリングの自由の存在論
 第一節 思考以前的存在と出来事――後期シェリングと後期ハイデガーにおける存在概念
  第一項 消極哲学の限界――思考以前的存在
  第二項 出来事
  第三項 人格的な存在概念
 第二節 事後的な必然性――シェリングの後期哲学における神、人間、判断
  第一項 判断と存在
  第二項 判断と実在
  第三項 神と人

第三章 偶然性か、それとも必然性か――シェリング対ヘーゲル
 第一節 絶対者の弁証法――超越的形而上学に対するヘーゲルの批判
  第一項 「本質論」における絶対者の弁証法
  第二項 絶対的理念と絶対的精神
 第二節 偶然性の余地――論理空間の様相的地位についてのシェリングとヘーゲル
  第一項 事後的必然性
  第二項 シェリングと共に、ヘーゲルに抗して

目次

謝辞

序論 超越論的存在論のコンテクスト
 第一節 超越論的存在論とは何か、そしてそれがなぜ私たちに必要なのか
 第二節 カント的な志向性の形而上学からカント以降の志向性の形而上学へ 
 第三節 論理学と存在論――バディウに抗して
 第四節 偶然性と一般的不完全さ

第一章 知の存在論
 第一節 シェリング、ヘーゲル、そして懐疑論の形而上学的な真理
  第一項 無知の知(シェリング)
  第二項 懐疑論と真無限(ヘーゲル)
  第三項 懐疑論と形而上学が再び結びつけられる(シェリングとヘーゲル)
 第二節 絶対的同一性と反省 ─ カント、ヘーゲル、マクダウェル
  第一項 カントによる最も革新的な脚注
  第二項 絶対的同一性 対 反省
  第三項 批判概念としての絶対的同一性 
 第三節 表象それ自体の病理的な構造――ヘーゲルの「人間学」
  第一項 ヘーゲルの「人間学」における身体性の理論(『エンチュクロペディ』三八八―四一二節)
  第二項 〈所与の神話〉に対するヘーゲルの拒否

第二章 シェリングの自由の存在論
 第一節 思考以前的存在と出来事――後期シェリングと後期ハイデガーにおける存在概念
  第一項 消極哲学の限界――思考以前的存在
  第二項 出来事
  第三項 人格的な存在概念
 第二節 事後的な必然性――シェリングの後期哲学における神、人間、判断
  第一項 判断と存在
  第二項 判断と実在
  第三項 神と人

第三章 偶然性か、それとも必然性か――シェリング対ヘーゲル
 第一節 絶対者の弁証法――超越的形而上学に対するヘーゲルの批判
  第一項 「本質論」における絶対者の弁証法
  第二項 絶対的理念と絶対的精神
 第二節 偶然性の余地――論理空間の様相的地位についてのシェリングとヘーゲル
  第一項 事後的必然性
  第二項 シェリングと共に、ヘーゲルに抗して

訳者あとがき
参考文献
人名索引

著者プロフィール

マルクス・ガブリエル  (マルクスガブリエル)  (

【著者】マルクス・ガブリエル
Markus Gabriel/1980年生まれ。後期シェリングの研究によりハイデルベルク大学から博士号を取得。現在、ボン大学教授。日本語訳に、『神話・狂気・哄笑:ドイツ観念論における主体性』(ジジェクとの共著、大河内泰樹/斎藤幸平監訳、堀之内出版、2015年)、『なぜ世界は存在しないのか』(清水一浩訳、講談社選書メチエ、2018年)、『「私」は脳ではない:21世紀のための精神の哲学』(姫田多佳子訳、講談社選書メチエ、2019年)、『新実存主義』(廣瀬覚訳、岩波新書、2020年)、『アートの力』(大池惣太郎訳、堀之内出版、2023年)など。

中島 新  (ナカシマ アラタ)  (

【訳者】中島 新(なかしま・あらた)
1988年生まれ、新潟県出身。ボン大学哲学科博士課程。専門はシェリング自然哲学および現代実在論。主な論文に、「ドイツにおける現代実在論の動向について : マルクス・ガブリエルの「意味の場の存在論」とコッホの「解釈学的実在論」 」(『唯物論研究年誌』 25号、2020年)、「人新世とシェリング自然哲学の復権 」(『シェリング年報 』28号、2020年)、「消極的存在論と積極的存在論 : フェラーリス、ガブリエル、そしてシェリング 」(『現代思想』10月臨時増刊号、2018年)など。

中村 徳仁  (ナカムラ ノリヒト)  (

【訳者】中村 徳仁(なかむら・のりひと)
1995年生まれ、京都市出身。テュービンゲン大学博士研究員。専門はシェリングをはじめとした近現代ドイツ哲学、社会思想史。批評誌『夜航』主宰。主な論文に、「シェリングにおける「非体系性」と「自由」の思索」(『哲学』72 号、2021年)など。翻訳に、クリストフ・メンケ『力:美的人間学の根本概念』(人文書院、2022年、共訳)、「ポストモダニズム再訪 : フレドリック・ジェイムソンへのインタビュー」(『現代思想』6月号、2021年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。