版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新自由主義の廃墟で ウェンディ・ブラウン(著) - 人文書院
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784409031148

新自由主義の廃墟で 真実の終わりと民主主義の未来

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書院
四六判
縦194mm 横135mm 厚さ26mm
重さ 430g
272ページ
価格 3,400円+税
ISBN
978-4-409-03114-8   COPY
ISBN 13
9784409031148   COPY
ISBN 10h
4-409-03114-7   COPY
ISBN 10
4409031147   COPY
出版者記号
409   COPY
Cコード
C1010  
1:教養 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年5月26日
書店発売日
登録日
2022年3月31日
最終更新日
2022年5月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2022-08-03
MORE
LESS

紹介

排外主義や権威主義、ウルトラナショナリズムにフェイクニュース……それらの根源はどこにあるのか。
ハイエクなど初期新自由主義者たちの論考を辿りながら、世界に吹き荒れる政治言説の布置を問い直す、政治哲学者による批判の書。

「本書の主張は(…)、新自由主義的な合理性や価値づけの様式の影響を受けていないものはないということであり、新自由主義による民主主義への攻撃は、あらゆる場所で法、政治文化、そして政治的主体性を変容させてしまったということだ。(…)白人ナショナリズム的な権威主義的政治の隆盛を、(…)三〇年以上にわたる新自由主義による民主主義、平等、そして社会への攻撃によって形づくられてきたものとして理解することを意味する。」(本書より)

◎目次

序論
反民主主義的な政治の隆盛
新自由主義とは何か?

第一章 社会は解体されなければならない

民主主義、平等、そして社会的なもの
社会は解体されなければならない
今日のハイエク──自由と社会的なもの
ハンナ・アーレントは助けにならなかった
社会的なものの政治的想像領域の喪失

第二章 政治は退位させられなければならない

新自由主義的な反政治
どこでボタンをかけ間違えたのか?

第三章 個人の保護領域は拡大されなければならない

道徳的伝統主義を新自由主義の要素として理論化する
フリードリヒ・ハイエクの伝統論
現実に存在する新自由主義
国民国家を家族そして私企業として描き直す

第四章 表現するウェディングケーキと祈る妊娠相談センター
        ──新自由主義的法学における宗教の自由と表現の自由

表現するケーキ──〈マスターピース・ケーキショップ対コロラド州市民権委員会〉裁判
祈る妊娠相談センター──〈家族および生命の擁護全米協会(DBA NIFLA)他
        対ベセラ(カリフォルニア州法務長官)〉裁判

第五章 白人男性に未来はない──ニヒリズム、宿命論、そしてルサンチマン

ニヒリズムと脱昇華(desublimation)
ニヒリズムとルサンチマン
空間

目次

◎目次

序論
反民主主義的な政治の隆盛
新自由主義とは何か?

第一章 社会は解体されなければならない

民主主義、平等、そして社会的なもの
社会は解体されなければならない
今日のハイエク──自由と社会的なもの
ハンナ・アーレントは助けにならなかった
社会的なものの政治的想像領域の喪失

第二章 政治は退位させられなければならない

新自由主義的な反政治
どこでボタンをかけ間違えたのか?

第三章 個人の保護領域は拡大されなければならない

道徳的伝統主義を新自由主義の要素として理論化する
フリードリヒ・ハイエクの伝統論
現実に存在する新自由主義
国民国家を家族そして私企業として描き直す

第四章 表現するウェディングケーキと祈る妊娠相談センター──新自由主義的法学における宗教の自由と表現の自由

表現するケーキ──〈マスターピース・ケーキショップ対コロラド州市民権委員会〉裁判
祈る妊娠相談センター──〈家族および生命の擁護全米協会(DBA NIFLA)他
        対ベセラ(カリフォルニア州法務長官)〉裁判

第五章 白人男性に未来はない──ニヒリズム、宿命論、そしてルサンチマン

ニヒリズムと脱昇華(desublimation)
ニヒリズムとルサンチマン
空間

訳者解題

著者プロフィール

ウェンディ・ブラウン  (ウェンディブラウン)  (

ウェンディ・ブラウン(Wendy Brown)
1955年生、アメリカの政治哲学者。カリフォルニア大学バークレー校政治学教授。著書に『寛容の帝国』(法政大学出版局、2010)『いかにして民主主義は失われていくのか』(みすず書房、2017)。

河野 真太郎  (コウノシンタロウ)  (

河野 真太郎(こうの・しんたろう)
1974年、山口県生まれ。専門は英文学、イギリスの文化と社会。専修大学国際コミュニケーション学部教授。著書に『〈田舎と都会〉の系譜学――二〇世紀イギリスと「文化」の地図』(ミネルヴァ書房)、『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)。訳書にトニー・ジャット『真実が揺らぐ時──ベルリンの壁崩壊から9.11まで』(慶應義塾大学出版会)、『 暗い世界──ウェールズ短編集』(堀之内出版)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。