版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文庫 異邦の仔 西川 司(著/文) - 実業之日本社
..
実業之日本社文庫

文庫 異邦の仔 バイトで行ったイラクで地獄を見た

文庫判
縦151mm 横106mm 厚さ16mm
重さ 205g
384ページ
定価 780円+税
ISBN
9784408556277
Cコード
C0193
一般 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月
書店発売日
登録日
2020年8月21日
最終更新日
2020年9月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-01-10 産經新聞  朝刊
2020-11-29 読売新聞  朝刊

紹介

3カ月300万円。
それは人生最悪のアルバイトだった。

戦争に巻き込まれた
実体験を基に描く衝撃のサスペンス!

著者のコラム(「日雇いアルバイトでイラクへ行った。そこで見た地獄」)が
「すごい!」「壮絶すぎる!」「自分と決して無関係ではない!」
とSNS世代に大反響!

俺の命を狙うのは誰だ⁉
謎を解く鍵は灼熱の地に――

放送作家の立花遼一が電車を降りた直後、車両が爆発した。
さらに数日後、都内で起きた爆発事件の被害者は、遼一が
三十四年前に中東イラクで出会った人物と同姓同名だった。

もしや、電車で命を狙われたのは俺では?

一九八〇年、摂氏五十度の国での凄絶な地獄体験が脳裡に蘇り――
著者の実体験を基に描く、衝撃と慟哭のリアルサスペンス。

著者プロフィール

西川 司  (ニシカワツカサ)  (著/文

1958年北海道生まれ。大学中退後、アメリカやアジア各国を放浪。帰国後、脚本家としてデビュー。以降、テレビドラマの脚本、劇画原作、小説などジャンルを問わず活躍。2007年自伝的小説『ひまわりのかっちゃん』で脚光を浴びる。2010年『刑事の十字架』で本格警察小説の新境地を拓く。近刊に『消えた女 北海道警鷹狩り刑事(デカ)』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。