版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
牧師、閉鎖病棟に入る。 沼田 和也(著/文) - 実業之日本社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

書店員向け情報

牧師、閉鎖病棟に入る。

このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
縦176mm 横115mm 厚さ18mm
重さ 220g
232ページ
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-408-33982-5   COPY
ISBN 13
9784408339825   COPY
ISBN 10h
4-408-33982-2   COPY
ISBN 10
4408339822   COPY
出版者記号
408   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年5月
書店発売日
登録日
2021年4月21日
最終更新日
2021年5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-05 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 香山リカ(精神科医)
MORE
LESS

紹介

なぜ人を傷つけてはいけないのかがわからない少年。
自傷行為がやめられない少年。
いつも流し台の狭い縁に“止まっている"おじさん。
50年以上入院しているおじさん。
「うるさいから」と薬を投与されて眠る青年。
泥のようなコーヒー。
監視される中で浴びるシャワー。
葛藤する看護師。
向き合ってくれた主治医。

「あなたはありのままでいいんですよ」と語ってきた牧師が
ありのまま生きられない人たちと過ごした閉鎖病棟での2ヶ月。

これまで牧師としてスーツを着て見舞いに行っていた病院へ、わたしは患者として入院しに行く。その病棟は、自分では自由に開閉することのできない分厚い扉で仕切られている。 (序章より)

目次

序章 肩章を剥ぎ取られる
事件の顛末

第一章 牧師が患者になる
ショックの連続
トイレの掟
ヨガ行者のおじさん
etc…

第二章 少年たち
競い合う少年たち
1頁読むのに10分かかる
おねしょ

第三章 十字架
彫り物のおじさん
泥コーヒー
元少年A
看護師の十字架
etc…

第四章 診断
知能検査
認知行動療法
「ありのままのわたし」でいいのか 医師を操ろうとする
SNS依存
etc…

第五章 過去
自分の顔
震災
脱走
伝道者
一切口を聞いてくれない青年
etc…

終章 こだわるのでもなく、卑下するのでもなく
珍しい患者
主治医の家に行く
介入するのがよいか、見守るのがよいか
etc…

著者プロフィール

沼田 和也  (ヌマタ カズヤ)  (著/文

日本基督教団 牧師。1972年、兵庫県神戸市生まれ。高校を中退、引きこもる。その後、大検を経て受験浪人中、1995年、灘区にて阪神淡路大震災に遭遇。かろうじて入った大学も中退、再び引きこもるなどの紆余曲折を経た1998年、関西学院大学神学部に入学。2004年、同大学院神学研究科博士課程前期課程修了。そして伝道者の道へ。しかし2015年の初夏、職場でトラブルを起こし、精神科病院の閉鎖病棟に入院する。現在は東京都の小さな教会で再び牧師をしている。ツイッターは@numatakazuya。

上記内容は本書刊行時のものです。