版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
死者の声、生者の言葉 小森 陽一(著) - 新日本出版社
...

死者の声、生者の言葉 文学で問う原発の日本

縦19mm
190ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-406-05780-6
出版社在庫情報
不明
初版年月
2014年2月
登録日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-11 東京新聞/中日新聞  朝刊
2014-04-06 東京新聞/中日新聞
評者: 横尾和博(文芸評論家)

紹介

「3、11後」のために。川上弘美から賢治、漱石まで。

目次

第1章 福島を生きる詩人たち
第2章 「あいまいな日本」の原発
第3章 『神様2011』が示すもの
第4章 ブドリと共に「想定外」を生き抜くために
第5章 「三・一一」と夏目漱石-「現代日本の開化」から一〇〇年
第6章 死者との対話を持続するために

上記内容は本書刊行時のものです。