版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
古代史がわかる『万葉集』の読み方 松尾 光(編) - 新人物往来社
...

書店員向け情報 HELP

古代史がわかる『万葉集』の読み方 万葉集101の謎

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦150mm
254ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-404-03956-9   COPY
ISBN 13
9784404039569   COPY
ISBN 10h
4-404-03956-5   COPY
ISBN 10
4404039565   COPY
出版者記号
404   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年1月
登録日
2018年2月16日
最終更新日
2018年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

飛鳥時代の七世紀後半から奈良時代の八世紀後半にかけて編まれた最古の和歌集、『万葉集』。天皇・皇族、公家、官人や民衆の、そして全国津々浦々の老若男女の詠んだ歌約四五〇〇が集められている。次々におこる天皇・皇族をめぐる政治的事件、官人の出世事情、大伴家持や柿本人麻呂ら歴史に名をとどめた人びとの実像、文学サロンのようす、宮都の有り様から、古代の人々の恋愛事情、食事や薬、占いの方法、ことわざ・格言に言葉の発音等々まで、"喜怒哀楽"が率直に表わされた万葉歌とその歌の背景から様々な謎を明らかにしてゆく。「古代」という時代を身近に感じることができる一冊。

目次

第1章 万葉歌人をめぐる謎(『万葉集』はいつ成立したのか
『万葉集』という名前にはどのような意味がこめられているのか ほか)
第2章 万葉の歌をめぐる謎(万葉びとの聖地観は、どのようなものだったか
なぜ、額田王は三輪山の歌を詠んだのか ほか)
第3章 万葉びとの生活をめぐる謎(都大路の並木には何が植えられていたか
杉・槇・樟・桧の用途はどうやって決まったのか ほか)
第4章 万葉の成立・享受をめぐる謎(『万葉集』は、ほんとうに日本人が書いたものなのか
『万葉集』と『古今集』とはどう関わっているのか ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。