版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
地図でスッと頭に入る三国志 渡邉義浩(監修) - 昭文社
..

地図でスッと頭に入る三国志

発行:昭文社
A5判
縦210mm 横148mm
128ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784398144607
Cコード
C2022
実用 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2020年12月25日
最終更新日
2020年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

数多の武将たちが群雄割拠し、栄枯盛衰の理の元、散っていった三国志。はるか昔の、しかも他国の歴史であるにも関わらず、日本ではマンガやゲームなど多くの作品の題材となり、どの世代も魅了している。本書では、三国志のなかでも重要な出来事や戦いを図説。なぜその土地が重要だったのか?その戦いがなぜそこで起こったのか?地図とともにみれば、三国志の本当の姿が見えてくる。また、正史としての三国志、物語としての三国演義の比較、マンガや映画など人気作品を分析したコラムも三国志ファン必見!

[内容:目次より一部抜粋]
1章・曹操の華北制覇
黄巾の乱:太平道の指導者・張角が信徒を率いて蜂起! 群雄割拠の時代が幕を開ける
虎牢関の戦い―陽人・大谷の戦いと滎陽の戦い
呂布追討:呂布に徐州を奪われた劉備、曹操と共に呂布を討つ ほか
<コラム:くらべてわかる三国志>董卓の死、曹操・劉備・孫権の人物像
2章・荊州を巡る争い
劉備の離反:曹操の後背をつくも撃退された劉備
劉備と諸葛亮:荊州にて不遇の日々を送る劉備、諸葛亮と出会う
赤壁の戦い:業火が曹操軍の水軍を焼き尽くした三国志史上最大の戦い ほか
<コラム:くらべてわかる三国志>三顧の礼、諸葛亮VS.周瑜の角逐、関羽の単刀赴会、張飛の最期
3章・諸葛亮の北伐
曹丕の南征:弱体化した呉を狙うも敗退し、蜀呉同盟復活の契機となる
街亭の戦い:目をかけていた武将の失態によって最重要拠点を失った諸葛亮
合肥新城の戦い:諸葛亮の北伐に呼応した呉の失態 ほか
<コラム:くらべてわかる三国志>三顧の礼、諸葛亮VS.周瑜の角逐、関羽の単刀赴会、張飛の最期
終章・三国時代の終焉
蜀の滅亡:厭戦機運の高まる職に雪崩込み、成都を強行軍によって占領した魏軍
魏の滅亡:司馬家に乗っ取られた魏、禅譲によって晋に取って代わられる
呉の滅亡:暴君・孫晧の悪政に付け込んで5路より晋軍が侵攻
晋の崩壊:外戚権力の強い晋、八王の乱により崩壊し、南北朝時代へ ほか

著者プロフィール

渡邉義浩  (ワタナベヨシヒロ)  (監修

1962年、東京都生まれ。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程修了。現在、早稲田大学文学学術院教授。専門は中国古代思想史。三国志学会事務局長もつとめる。主な著書に『三国志 運命の十二大決戦(祥伝社新書)、『三国志―演義から正史、そして史実へ』(中公新書)、『三国志 英雄たちと文学』(人文書院)、『一冊でまるごとわかる三国志』(だいわ文庫)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。