版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
絵師金蔵 赤色浄土 藤原緋沙子(著/文) - 祥伝社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

絵師金蔵 赤色浄土 (エシキンゾウ セキショクジョウド)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:祥伝社
四六判
定価 1,750円+税
ISBN
978-4-396-63644-9   COPY
ISBN 13
9784396636449   COPY
ISBN 10h
4-396-63644-X   COPY
ISBN 10
439663644X   COPY
出版者記号
396   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年5月20日
書店発売日
登録日
2023年4月25日
最終更新日
2023年5月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-08-13 産經新聞  朝刊
2023-07-15 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 理流(時代小説サイト運営者)
MORE
LESS

紹介

「血の色は厄払いじゃ。万民の不安を払い落とすのじゃ」
幕末の土佐に生まれ「絵金」と呼ばれた、
艶やかな色彩で見る者を虜にした異才、激動の生涯。
作家生活20周年記念作品

幕末の動乱は土佐国も大きなうねりで呑み込んだ。様々な思想と身分の差から生じる軋轢は、人々の命を奪っていった。金蔵はそんな時代に貧しい髪結いの家に生まれた。類まれなる絵の才能を認められ、江戸で狩野派に学び「林洞意美高」の名を授かり凱旋。国元絵師となる。しかし、時代は金蔵を翻弄する。人々に「絵金」と親しまれながらも、冤罪による投獄、弟子の武市半平太の切腹、そして、土佐を襲う大地震……。金蔵は絵師として人々の幸せをいかに描くかに懊悩する。やがて、絵金が辿り着いた平和を願う究極の表現とは――。

著者プロフィール

藤原緋沙子  (フジワラヒサコ)  (著/文

藤原緋沙子(ふじわらひさこ)
高知県生まれ。立命館大学文学部史学科卒。シナリオライターとして活躍する傍ら、小松左京主催の「創翔塾」で小説を志す。2013年に「隅田川御用帳」シリーズで第2回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。本書は土佐の絵師として人々の幸せを願い描き続けた金蔵の生涯を温かい眼差しで活写した渾身の時代小説。著者の作家生活20周年記念作品である。著書に「橋廻り同心・平七郎控」シリーズ(祥伝社文庫)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。