版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ブルックナー 交響曲 ハンス=ヨアヒム・ヒンリヒセン(著/文) - 春秋社
..

ブルックナー 交響曲

発行:春秋社
四六判
224ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784393932056
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年2月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

交響曲創作という空前絶後の試行錯誤
――あの途方もない形式の根底に潜む理念とは?
――生涯をかけて追い求めた先にあるものとは?

クラシック音楽の中でも独自の小宇宙を形成しているブルックナーの交響曲(《習作交響曲》や《無効》も含む全11曲)を、体系的かつコンパクトに解説。膨大な一次資料と最新の研究成果にもとづき、見事な筆致で交響曲創作の背景と各交響曲の本質に迫る。

「ブルックナーの交響曲の全体構想を成り立たせているのは、主題構成法から形式や楽章の特徴、全体の構成に至るまで、類型と個性との間の不安定な緊張状態である…」(本文より)

本書は小著ながらも、アントン・ブルックナーの巨大な全交響曲を対象としています。…(中略)…私が長年取り組んできたブルックナー研究を凝縮した形で描き出す本書の試みが、この魅力的な作曲家の理解に貢献できることを願ってやみません。(「日本語版に寄せて」より)

著者プロフィール

ハンス=ヨアヒム・ヒンリヒセン  (ハンスヨアヒムヒンリヒセン)  (著/文

1952年ドイツのズュルト生まれ。チューリヒ大学音楽学名誉教授。ベルリン自由大学にて、1992年シューベルトのソナタ形式に関する論文で博士号取得、1998年ハンス・フォン・ビューローと音楽の演奏解釈に関する論文で大学教授資格取得。邦訳文献に、「使徒にして背信者――ワーグナー指揮者としてのハンス・フォン・ビューロー」(吉田真訳、『ワーグナーシュンポシオン2013』所収)、『フランツ・シューベルト――あるリアリストの音楽的肖像』(堀朋平訳、アルテスパブリッシング、2017年)がある。

髙松 佑介  (タカマツユウスケ)  (翻訳

1988年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業、シューマンの《リーダークライス》(作品39)に関する論文で同大学及びマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク修士課程修了。2018年現在、スイス政府奨学生としてチューリヒ大学音楽学部博士課程在籍(対象はシューベルトの器楽曲)。専門は19世紀のドイツ・オーストリアの音楽。

上記内容は本書刊行時のものです。