版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
近未来の〈子づくり〉を考える 久具 宏司(著/文) - 春秋社
..

近未来の〈子づくり〉を考える 不妊治療のゆくえ

医学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:春秋社
四六判
縦195mm 横138mm 厚さ20mm
232ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-393-71635-9   COPY
ISBN 13
9784393716359   COPY
ISBN 10h
4-393-71635-3   COPY
ISBN 10
4393716353   COPY
出版者記号
393   COPY
 
Cコード
C0047
一般 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年1月18日
最終更新日
2021年2月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-03 朝日新聞  朝刊
2021-03-14 産經新聞  朝刊

紹介

菅政権最初の目玉事業として注目を集める「不妊治療保険適用」。だが、そもそも不妊の実情を我々は知っているだろうか? 本書では現役の産婦人科医である著者が、生殖補助医療を紹介しながら、その問題点を指摘し、保険適用に警鐘を鳴らす。

目次

             

著者プロフィール

久具 宏司  (クグ コウジ)  (著/文

1957年生まれ、産婦人科医師、医学博士。82年東京大学医学部卒業。富山県内初の体外受精成功例を手掛ける。現在、東京都立墨東病院産婦人科部長。

上記内容は本書刊行時のものです。