版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
シュタイナーのカルマ論 〈新装版〉 ルドルフ・シュタイナー(著/文) - 春秋社
..

シュタイナーのカルマ論 〈新装版〉 カルマの開示

発行:春秋社
四六判
264ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784393322307
Cコード
C0014
一般 単行本 宗教
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人間のカルマは宇宙を貫流する霊的なカルマによって規定されている。不可視ともいうべき霊的因果律を通して、人間の魂のありよう、日常の病気や事故の意味、転生や進化のメカニズムを壮大なスケールで解明する。シュタイナー思想の根幹をなす最重要講義。

著者プロフィール

ルドルフ・シュタイナー  (ルドルフシュタイナー)  (著/文

1861年生まれ、1925年没。1902年、神智学協会ドイツ支部書記長に就任。1912年、神智学協会を離れ、新たに人智学協会を設立。霊学的観点から新たな総合文化の必要を説き、その影響は宗教、芸術、教育、医療、農法など広範囲に及ぶ。

高橋 巖  (タカハシイワオ)  (翻訳

東京都生まれ。73年まで慶應義塾大学、同大学院教授。70年代からシュタイナーとその思想である人智学の研究会や翻訳の活動に入る。

上記内容は本書刊行時のものです。