版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
抵抗者 田村 光彰(著/文) - 三一書房
..
詳細画像 0

抵抗者 ゲオルク・エルザーと尹奉吉

発行:三一書房
四六判
256ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784380190087
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年10月25日
書店発売日
登録日
2019年9月17日
最終更新日
2019年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

抵抗は権利であり義務である。
ナチ・ドイツと日帝植民地下の朝鮮。
自由・独立のために命を賭して闘った、 ゲオルク・エルザーと尹奉吉の人と思想。

目次

Ⅰ ゲオルク・エルザー
(1)ミュンヒェン一揆(ビアホール一揆)
(2)生存圏
①エルザーの遍歴時代 ②ビュルガーブロイケラーに狙いを定める③時限爆弾設置 ④見つかった招かれざる客-4度も

Ⅱ ナチス時代
(1)ナチス時代とは強制収容所時代
(2)ナチス時代とは緊急令による基本的人権の抹殺
(3)権力掌握から総選挙へ
①ヒトラー内閣の成立 ②ラジオによる画一化 ③総選挙へ ④大統領緊急令⑤国会議事堂炎上事件 ⑥大統領緊急令 ⑦保護検束制度 ⑧国会選挙 ⑨全権委任法

Ⅲ ゲオルク・エルザーの闘い
(1)単独犯か共犯か
①生かされ続けた「特別囚人」 ② 20 日後の生存
(2)尋問調書の発見
(3)マルティン・ニーメラーの「黒幕説」
(4)苦悩する遺家族
(5)『ある暗殺者の自伝』

Ⅳ ゲオルク・エルザーの評価
(1)記念碑の建設
(2)記憶の抹殺に抗して
(3)高等学校歴史教科書
(4)国立抵抗記念館
(5)ドイツ憲法(基本法)での抵抗権:「他の救済手段がない場合」
(6)ブレーメン他2州憲法:「公権力への抵抗は、権利であり、義務でもある」
(7)ヒトラー自身の「抵抗論」
(8)元ドイツ憲法裁判所長官の「抵抗論」
(9)政治指導者の「抵抗論」①ヘルムート・コール首相 ②ヴォルフガンク・ショイブレ内相 ③ヴァイツゼッカー大統領
(10)レジスタンスとは
(11)連邦政府(財務省)切手発行
(12)記念公園設置
(13)ゲオルク・エルザー賞
(14)「ゲオルク・エルザー・イニシャティーヴェ・ミュンヒェン」
(15)「誰が偉大なドイツ人か」─100人を挙げる

Ⅴ 「今以上の流血の惨事」
(1)企業
①アリアンツ保険企業:強制収容所の殺戮体制を保障②IG─ファルベン:ナチスへの最大の資金提供者
(2)女性政策
①総統のために子どもを産め ②結婚資金貸付制度 ③女性党員・候補者の排除④人手不足に敗北するナチ・イデオロギー ⑤夢という私利私欲⑥女性無線通信技士の「犯罪」 ⑦「夢」の実現─アウシュヴィッツへ⑧姿を消すロシア人捕虜 ⑨無線で殺戮列車の手配、毒ガス注文⑩「疎開」「処置」=追放─殺戮 ⑪罪を認め、許しを請う

Ⅵ 尹奉吉
(1)尹奉吉とは
(2)尹奉吉とゲオルク・エルザー

Ⅶ 植民地化へ
(1)江華島事件と日朝修好条規
(2)琉球併合
(3)利益線、生命線から大東亜共栄圏へ
(4)日清戦争
(5)東学農民革命
(6)「7月23日戦争」
(7)集団虐殺
(8)帝国主義国家へ
(9)連続する戦争行為
(10)義和団戦争
(11)日露戦争
(12)日韓議定書
(13)第1次日韓協約と竹島「領有」
(14)帝国主義国の勝手な相互承認
(15)ポーツマス条約(日露講和条約)
(16)第二次日韓協約(乙巳条約)
(17)第三次日韓協約(「丁未七条約」と軍隊解散)
(18)保安法

Ⅷ 韓国併合
(1)義兵運動
(2)土地、鉄道、森林の支配
(3)韓国併合
(4)朝鮮総督府
(5)憲兵警察制度
(6)同化政策
(7)土地調査事業
(8)会社令
(9)工場法

Ⅸ 独立運動
(1)自由平等思想と女性たち
(2)キリスト教
(3)贊襄会と女権通文
(4)文在寅大統領演説:女性独立運動家も列挙
(5)女性独立運動家、尹ユ ンヒスン熙順
①亡命前 ②最初の亡命生活:遼寧省桓仁へ ③第2の亡命生活:遼寧省包家屯へ④第3の亡命生活:遼寧省石城へ

Ⅹ 憲法・国会なき弾圧体制
(1)全権委任法
(2)立憲主義
(3)憲法を施行せず
(4)朝鮮人強制連行
(5)国会開設を許さず
(6)台湾でも憲法・国会を許さず
(7)3・1独立運動
(8)『朝鮮教育問題管見』
①植民地官僚の独立運動原因論 ②朝鮮人であることを忘れさせる ③皇国臣民化政策
(9)治安維持法
①初適用は朝鮮人に ②拡大解釈と曖昧な適用論理

Ⅺ 尹奉吉のレジスタンス
(1)理由の如何を問う
(2)儒教教育期
(3)山猫
(4)2年で自主退学
(5)再び儒教教育
(6)儒教から農村啓蒙運動家へ
(7)夜学の設立
(8)女子教育
(9)『農民読本』
(10)復興院
(11)布施辰治とエミール・ゾラ
(12)月進会を組織
(13)啓蒙運動家からレジスタンスへ
(14)上海へ
(15)大韓民国臨時政府
(16)韓人愛国団
(17)君が代にも命中
(18)戦傷病死
(19)上海─大阪─金沢─銃殺
(20)暗葬

Ⅻ 尹奉吉のレジスタンスの歴史的位置
(1)尹奉吉の目的
(2)レーニンの民族自決権
(3)中国政府要人の朝鮮独立運動支援
(4)中国民衆の対朝鮮感情の好転

XIII世界的視点でのレジスタンス、独立運動
(1)フランスにおけるレジスタンス
(2)ポーランドにおけるレジスタンス
①2つの武装蜂起 ②ローザ・ロボタの武力抵抗
(3)ヨーロッパの歴史教科書

XIV終わりに:尹奉吉の闘いの意味

上記内容は本書刊行時のものです。