版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ふしぎな君が代 辻田 真佐憲(著) - 幻冬舎
...

書店員向け情報 HELP

ふしぎな君が代 (フシギナキミガヨ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:幻冬舎
縦18mm
268ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-344-98385-4   COPY
ISBN 13
9784344983854   COPY
ISBN 10h
4-344-98385-8   COPY
ISBN 10
4344983858   COPY
出版者記号
344   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2015-7-30
登録日
2015年9月6日
最終更新日
2015年9月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-10-01 新潮45  
評者: 平山周吉
2015-09-06 東京新聞/中日新聞
MORE
LESS

紹介

「君が代」は議論の絶えない歌である。明治早々、英国王子の来日で急遽、国歌が必要になる。しかし、時間がないため、『古今和歌集』の読み人しらずの短歌に鹿児島で愛唱されていた「蓬莱山」の節をつけて間に合わせたのが「君が代」の誕生だといわれる。以降、1999年に「国旗国歌法」で法的に国歌と認められるまで、ライバルが現れたり、戦時下には「暗すぎる」、戦後には「民主国家にふさわしくない」と批判されたり波乱が続く。最近では、教育現場での「君が代」斉唱が再び問題視される。日本人にとって「君が代」とは何なのか?気鋭の若手研究者がその歴史をスリリングに繙く。

目次

序章 「君が代」の何が問題なのか
第1章 なぜこの歌詞が選ばれたのか
第2章 誰が「君が代」を作曲したのか
第3章 いつ「君が代」は国歌となったのか
第4章 「君が代」はいかにして普及したのか
第5章 どのように「君が代」は戦争を生き延びたのか
第6章 なぜ「君が代」はいまだに論争の的になるのか

上記内容は本書刊行時のものです。