版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
皇たる鷹は若葉の月を寵愛する 葵居ゆゆ(著/文) - 幻冬舎コミックス
..
【利用不可】

皇たる鷹は若葉の月を寵愛する (オウタルタカハワカバノツキヲチョウアイスル)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
256ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-344-85312-6   COPY
ISBN 13
9784344853126   COPY
ISBN 10h
4-344-85312-1   COPY
ISBN 10
4344853121   COPY
出版者記号
344   COPY
Cコード
C0293  
0:一般 2:新書 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年8月1日
最終更新日
2023年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地方貴族の緑月は、父親の自死に疑問を抱き、“黒雀宮”の科挙を志願する。黒雀宮とは皇太子のための宮であり、将来の腹心を育てる学府だが、実際は皇太子の夜伽の相手もしなければならないらしい。それでも、皇太子の覚えがめでたい者は、貴族の最高位である「比翼」の座を手に入れることができる。緑月はその地位と権力があれば、父の死の真相を明らかにする再調査ができると信じていた。しかし、次期皇帝であり皇太子の静鷹は、人の上に立つべくして生まれてきた人物だが、他人には心を許さず、懐に入れるのはごくわずかな身内だけだという。そんな気難しい人物が相手でも、緑月は閨をともにする試験・伽科で野心をむき出しに静鷹に抱かれる。その性質が気に入られたのか、緑月は無事入宮し、その後も静鷹の寵愛を一心に受け甘く抱かれ続けることに。しかし、静鷹の緑月を特別に扱う行動には思惑があり…?

上記内容は本書刊行時のものです。