版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
真理のことばの物語集 松村淳子(翻訳) - 国書刊行会
..

書店員向け情報

真理のことばの物語集 巻次:第二巻 ダンマパダ・アッタヴァンナナー

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:国書刊行会
A5判
縦217mm 横158mm 厚さ28mm
重さ 615g
411ページ
定価 6,400円+税
ISBN
978-4-336-07074-6   COPY
ISBN 13
9784336070746   COPY
ISBN 10h
4-336-07074-1   COPY
ISBN 10
4336070741   COPY
出版者記号
336   COPY
Cコード
C3015  
3:専門 0:単行本 15:仏教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月22日
書店発売日
登録日
2021年9月27日
最終更新日
2021年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『ダンマパダ』第4章から第8章までの由来を物語る全62話

初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のことば)』。
そのパーリ語註釈書に説かれる、これらの詩句にまつわる物語を原典から全訳!

 ・サーキヤ族からパセーナディ王に嫁いだ妃の息子ヴィドゥーダバが母の氏族を滅ぼすに至る物語
 ・東園精舎の鹿母講堂を寄進したミガーラの母ヴィサーカーの生涯と前世の願を描いた物語
 ・人妻に横恋慕したパセーナディ王が真夜中に聞いた謎の声の意味とは
 ・死んだ幼子を蘇らせるため、ブッダが指示した秘薬を探し求めるキサー・ゴータミー
など、珠玉の筆致で語られる、時にウィットに富み時に心が洗われる物語の数々を、ご堪能あれ!

目次

第四章 花
 一 土地の話に熱中した五百人の比丘たちの物語
 二 蜃気楼について瞑想した長老の物語
 三 ヴィドゥーダバの物語
 四 夫のために供養する女の物語 
 五 物惜しみのコーシヤ長者の物語 
 六 アージーヴィカ教徒パーティカの物語 
 七 チャッタパーニ在家信者の物語 
 八 ヴィサーカーの物語(一)――ヴィサーカーの結婚、鹿母講堂寄進などの事績
 九 アーナンダ長老の質問の物語(一)――風に従っても逆らっても行く香りとは
 十 サッカがマハー・カッサパ長老に鉢食を与えた物語 
 十一 ゴーディカ長老が般涅槃に入った物語 
 十二 ガラハディンナの物語
 
第五章 愚か者
 一 ある男の物語――パセーナディ王と美しい妻をもつ貧しい男
 二 マハー・カッサパ長老と共住弟子の物語 
 三 アーナンダ長者の物語 
 四 巾着切りの物語 
 五 ウダーイン長老の物語 
 六 三十人のパーヴァー村出身の比丘たちの物語 
 七 癩病人のスッパブッダの物語 
 八 ある農夫の物語 
 九 花輪職人スマナの物語 
 十 ウッパラヴァンナー長老尼の物語(一)――比丘尼が森に住まなくなったわけ 
 十一 アージーヴィカ教徒ジャンブカの物語 
 十二 蛇餓鬼の物語 
 十三 六十鉄槌餓鬼の物語 
 十四 スダンマ長老の物語 
 十五 森林住のティッサ長老の物語

第六章 賢者
 一 ラーダ長老の物語 
 二 アッサジとプナッバスの仲間たちの物語
 三 チャンナ長老の物語 
 四 マハー・カッピナ長老の物語 
 五 パンディタ沙弥の物語 
 六 こびとのバッディヤ長老の物語(一)――阿羅漢は怒らない
 七 カーナーの母の物語 
 八 五百人の比丘たちの物語(一)
    ――雨安居のあいだ、飢えても耐え忍んだ比丘たち 
 九 ダンミカ長老の物語 
 十 聞法の物語 
 十一 五百人の客来比丘たちの物語 

第七章 阿羅漢
 一 ジーヴァカの質問の物語 
 二 マハー・カッサパ長老の物語(二)――執着を離れたマハー・カッサパ 
 三 ベーラッティシーサ長老の物語 
 四 アヌルッダ長老の物語 
 五 マハー・カッチャーヤナ長老の物語
 六 サーリプッタ長老の物語(一)――サーリプッタ長老に怨みを抱いた比丘 
 七 コーサンビー住のティッサ長老と沙弥の物語 
 八 サーリプッタ長老の物語(二)――ブッダの質問に答えたサーリプッタ 
 九 アカシアの森のレーヴァタ長老の物語 
 十 ある女の物語 

第八章 千
 一 処刑人タンバダーティカの物語 
 二 バーヒヤ・ダールチーリヤ長老の物語 
 三 クンダラケーシー長老尼の物語 
 四 損失について質問した婆羅門の物語 
 五 サーリプッタ長老の叔父の婆羅門の物語 
 六 サーリプッタ長老の甥の物語 
 七 サーリプッタ長老の友人の婆羅門の物語 
 八 長寿青年の物語 
 九 サンキッチャ沙弥の物語 
 十 カーヌ・コンダンニャ長老の物語 
 十一 サッパダーサ長老の物語 
 十二 パターチャーラー長老尼の物語 
 十三 キサー・ゴータミーの物語(一)――死んだ息子を救う薬をもとめた女
 十四 バフプッティカー長老尼の物語 

 註

著者プロフィール

松村淳子  (マツムラジュンコ)  (翻訳

1953年、静岡県静岡市生まれ。
東京大学文学部卒、同大学院人文科学研究科修士課程修了。
オーストラリア国立大学アジア学研究科修士課程修了。
ドイツ・ゲッティンゲン大学インド学仏教学専攻博士課程修了(Ph.D.)。
神戸国際大学教授、国際仏教大学大学院大学教授を経て、現在、東洋大学大学院非常勤講師。
著書に、The Rasavāhinī of Vedeha Thera(東方出版、1992)、訳書に『増支部経典第四巻 原始仏典III』(服部育郎氏と共訳、東京:春秋社、2018)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。