版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「天皇」永続の研究 東郷 茂彦(著/文) - 弘文堂
..

「天皇」永続の研究 近現代における国体観と皇室論

発行:弘文堂
A5判
368ページ
定価 5,200円+税
ISBN
9784335160981
Cコード
C3014
専門 単行本 宗教
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月26日
最終更新日
2020年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

天皇の永続はいかにして可能か

 「天皇の永続」という観念はいかにして生まれたのか。「永続してほしい」、「永続しなければならない」という希求や願望はいかに維持されてきたのか。明治、大正、昭和を生きた人物や、実施された制度を中心に、古代をも視野に入れて、天皇の永続に繋がりうる事象を探求。さらには、「永く続くためには、どうしたらよいか」という具体論や政策論までをも考究する。

目次

序 章 本研究の目的・方策と、「天皇の永続」の基礎的考察
第一章 古代より近現代までの大祓詞・大祓式変遷の軌跡
第二章 明治二十二年の陵墓治定と、足立正聲の天皇・皇室観
第三章 明治から昭和前期の山口鋭之助の事績と皇室・国体観
第四章 血統永続装置としての皇室制度
第五章 田中治吾平の天皇観・神道観と大祓詞排撃論
第六章 上杉愼吉の系譜からみる天野辰夫の皇道・国体論
第七章 葦津珍彦の「明津御神」観と天皇祭り主論
第八章 昭和二十一年元旦詔書に観る「天皇の永続」
終 章 本研究の特質・課題と、「天皇の永続」の今後

著者プロフィール

東郷 茂彦  (トウゴウ シゲヒコ)  (著/文

國學院大學研究開発推進機構共同研究員。元、朝日新聞、ワシントンポスト記者。博士(神道学)。(2020年5月現在)

上記内容は本書刊行時のものです。