版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
大相撲と鉄道 木村銀治郎(著/文) - 交通新聞社
..
交通新聞社新書 150

大相撲と鉄道 きっぷも座席も行司が仕切る!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:交通新聞社
新書判
192ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-330-00821-9   COPY
ISBN 13
9784330008219   COPY
ISBN 10h
4-330-00821-1   COPY
ISBN 10
4330008211   COPY
出版者記号
330   COPY
 
Cコード
C0265
一般 新書 交通・通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年12月24日
最終更新日
2021年1月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-01 毎日新聞  朝刊
評者: 和田靜香(ライター)

紹介

「鉄道×大相撲」で現役行司が書き下ろし!!
現役幕内格行司である木村銀治郎だからこそ書けた、
大相撲と鉄道の関係性を深掘りする一冊。
相撲愛好家・能町みね子ならではのイラストも収録。
「交通新聞社新書」シリーズ中でも人気の「鉄道×異業種」コラボレーションの妙。

目次

第一章 相撲列車は、こんな列車だ
日本相撲協会員全体の移動手段の勘案と手配を一手に担う「輸送係」の仕事ぶりとは。相撲列車はいつ走るのか、車内はどのようになっているのか。有名力士のエピソードなども。

第二章 きっぷの手配方や列車移動あれこれ
どのような規則に沿ってきっぷの手配を行っているか。そして、番付がモノをいう大相撲の世界において、誰がグリーン車を利用できるのか。親方衆の隣には誰が座るのか。

第三章 まだある大相撲×鉄道雑学
現役力士の名前が特急の愛称に? 運転士に転身した力士がいる? その筋では有名な出世列車のエピソード? 東京駅のイメージは横綱の土俵入り?

コラム1 峰崎親方&銀治郎さんインタビュー(聞き手 能町みね子)
コラム2 国技館が、もとは両国駅だったという事実

著者プロフィール

木村銀治郎  (キムラギンジロウ)  (著/文

1974年生まれ。幕内格行司。1990年三月場所初土俵。2014年十一月場所幕内格昇進を機に三代・木村銀治郎を襲名。土俵上のさばきのほか、大相撲の魅力を伝えるべくテレビやラジオ、雑誌などで活躍、講演活動なども行う。監修に『大相撲語辞典』(誠文堂新光社)。

能町みね子  (ノウマチミネコ)  (イラスト

1979年生まれ。エッセイスト、イラストレーター。相撲愛好家でもあり、テレビやラジオの相撲番組における軽快なトークが人気。

上記内容は本書刊行時のものです。