版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
アメリカ黒人女性史 ダイナ・レイミー・ベリー(著/文) - 勁草書房
..
【利用不可】

アメリカ黒人女性史 (アメリカコクジンジョセイシ) 再解釈のアメリカ史・1 (サイカイシャクノアメリカシ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:勁草書房
四六判
368ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-326-65438-3   COPY
ISBN 13
9784326654383   COPY
ISBN 10h
4-326-65438-4   COPY
ISBN 10
4326654384   COPY
出版者記号
326   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年9月16日
最終更新日
2024年1月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

自由と民主主義の理念をアメリカ社会に根付かせる上で黒人女性が果たした決定的な役割とは。周縁化された視点から歴史を再解釈する。

奴隷制度確立以前から現代に至る黒人女性の多様な経験を彼女たちの声に基づき活写。黒人女性「について」ではなく黒人女性の「視点」から、アメリカの位相を多面的に映し出す。人種やジェンダー、セクシュアリティを歴史叙述の不可欠な構成要素と位置付け、周縁化された人びとの視点から書き直した「再解釈のアメリカ史」第一弾。NAACP(全米黒人向上協会)イメージ・アワード2021候補作、アメリカ歴史家協会(OAH)ダーリーン・クラーク・ハイン賞 特別賞受賞。
【原著】Daina Ramey Berry & Kali Nicole Gross, A Black Women’s History of the United States(Beacon Press, 2020)

目次

日本語版の読者のみなさまへ
著者の覚書
凡 例

序 章 ナニーの遺産──黒人女性の様々な歴史

第一章 イサベルの探検──一六一九年以前の北米における黒人女性の自由

第二章 アンジェラのアフリカからのエクソダス──環大西洋奴隷貿易の時代、一六一九~一七六〇年

第三章 ベリンダの請願──アメリカ革命・建国期の黒人女性たち

第四章 ミリーとクリスティンの興行──奴隷制の拡大、一八二〇~一八六〇年

第五章 メアリーのエプロン──南北戦争と奴隷制の終焉、一八六〇~一八七六年

第六章 フランセスの性別──黒人女性の時代の夜明け、一八七六~一九一五年

第七章 オーガスタの粘土──移住と恐慌、一九一五~一九四〇年

第八章 アリスのメダル──第二次大戦と黒人女性の国内での闘い、一九四〇~一九五〇年

第九章 オーレリアの訴訟──ジム・クロウとの闘い、一九五〇~一九七〇年

第一〇章 シャーリーの出馬──ブラックパワー、政治、ブラック・フェミニズム、一九七〇~二〇〇〇年

終 章 自由の女神に登るパトリシア──二一世紀の自由を守るシスターたち

あとがき
謝 辞
訳者あとがき
原 注
人名索引
事項索引

著者プロフィール

ダイナ・レイミー・ベリー  (ダイナ レイミー ベリー)  (著/文

ダイナ・レイミー・ベリー(Daina Ramey Berry) テキサス大学オースティン校教授。著書にThe Price for Their Pound of Flesh:The Value of the Enslaved, from Womb to Grave, in the Building of a Nation (Beacon Press)ほか。

カリ・ニコール・グロス  (カリ ニコール グロス)  (著/文

カリ・ニコール・グロス(Kali Nicole Gross) エモリー大学教授。著書にColored Amazons: Crime, Violence, and Black Women in the City of Brotherly Love, 1880-1910( Duke University Press)ほか。

兼子 歩  (カネコ アユム)  (翻訳

兼子 歩(かねこ・あゆむ)

北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学、修士(文学)。現在、明治大学政治経済学部准教授。主著に、『「ヘイト」の時代のアメリカ史』(共編著、彩流社、2017)、『現代アメリカ政治外交史』(分担執筆、ミネルヴァ書房、2020)、『「ヘイト」に抗するアメリカ史』(共編著、彩流社、2022)ほか。

坂下 史子  (サカシタ フミコ)  (翻訳

坂下 史子(さかした ふみこ)
ミシガン州立大学大学院文芸研究科博士後期課程修了。Ph.D.(アメリカ研究)。現在、立命館大学文学部教授。共著に『よくわかるアメリカの歴史』(ミネルヴァ書房)、『私たちが声を上げるとき』(集英社新書)ほか。

土屋 和代  (ツチヤ カズヨ)  (翻訳

土屋 和代(つちや かずよ)
カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院歴史学研究科博士後期課程修了。Ph.D.(歴史学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。共著に『私たちが声を上げるとき』(集英社新書)、『「いま」を考えるアメリカ史』(ミネルヴァ書房)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。