版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
女子のたしなみと日本近代 歌川 光一(著/文) - 勁草書房
..

女子のたしなみと日本近代 音楽文化にみる「趣味」の受容

発行:勁草書房
四六判
304ページ
定価 3,400円+税
ISBN
9784326654192
Cコード
C3036
専門 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年12月8日
最終更新日
2019年3月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近代日本において、音楽はいかに趣味/たしなみとして、女子に受容されていったのか。当時のジェンダー規範との関わりから分析する。

明治後期から大正期、「家庭」概念の登場・普及と軌を一にして、箏や三味線、ピアノ等の音楽は「趣味」としていかに女子に受容されたのか。史料から言説の変遷を検討しつつ、社会のジェンダー規範との交錯により、「趣味」の和洋折衷化と結婚準備としての修養化が進行し、花嫁修業イメージの原型が成立していったことを解明する。

目次

はしがき

序論 女子の稽古文化をめぐる連続・非連続
 一 近代日本における「趣味」の受容とジェンダー化
 二 花嫁修業というイメージ
 三 本書の問いと構成

第一章 稽古からたしなみへ
 一 女子の稽古文化の歴史をめぐって
 二 「たしなみ」への着目
 三 研究対象としての音楽のたしなみ
 四 本書における「女子」と「音楽」をめぐる諸条件

第二章 家庭婦人の心がけとしての音楽のたしなみ
 一 資料
 二 家庭音楽論の展開と音楽のたしなみ
 三 音楽のたしなみの再発見と家庭音楽論の邦楽への浸透

第三章 女子の心がけとしての音楽のたしなみ
 一 「令嬢」と「少女」
 二 家の娘としてのたしなみ──「令嬢」を中心に
 三 「少女」としてのたしなみ
 四 結婚準備としてホビーを増やす令嬢/洋楽への憧れを温存する少女

第四章 なぜたしなむ程度に留めるのか──女子職業論を参照に
 一 資料
 二 職業案内書にみる
 三 婦人雑誌にみる
 四 「たしなむ程度」に抑制された楽器習得

第五章 行儀作法としての音楽のたしなみ
 一 資料
 二 礼法書にみる
 三 西洋化が模索され続けた音楽のたしなみの披露

第六章 花嫁修業というイメージ──「趣味」の和洋折衷化と結婚準備のための修養化
 一 女子のたしなみが遭遇した「趣味」
 二 今後の課題

補 論 昭和戦前期の「令嬢」のたしなみ──『婦人画報』にみる「花嫁修業」と日本趣味
 一 『芳紀集』にみる
 二 「令嬢」関連記事にみる「日本趣味」
 三 伝統芸術のたしなみを強調した花嫁修業像とそのアンビヴァレントなニュアンス

あとがき
参考文献
事項索引
人名索引
初出一覧

著者プロフィール

歌川 光一  (ウタガワ コウイチ)  (著/文

歌川 光一(うたがわ こういち) 
1985年生まれ. 2008年京都大学教育学部卒業. 2013年東京大学大学院教育学研究科単位取得満期退学. 博士(教育学). 現在:昭和女子大学人間社会学部初等教育学科専任講師. 著書:『発表会文化論――アマチュアの表現活動を問う』(分担執筆, 青弓社, 2015年), 『学校文化の史的探究――中等諸学校の『校友会雑誌』を手がかりとして』(分担執筆, 東京大学出版会, 2015年), 『クラシック音楽と女性たち』(分担執筆, 青弓社, 2015年), 『字幕とメディアの新展開――多様な人々を包摂する福祉社会と共生のリテラシー』(分担執筆, 青弓社, 2016年)ほか.

上記内容は本書刊行時のものです。