版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ヒューマンサービスとコミュニティ 秋山 美紀(編集) - 勁草書房
..

書店員向け情報 HELP

ヒューマンサービスとコミュニティ (ヒューマンサービストコミュニティ) 支え合う社会の構想 (ササエアウシャカイノコウソウ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:勁草書房
A5判
256ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-326-60347-3   COPY
ISBN 13
9784326603473   COPY
ISBN 10h
4-326-60347-X   COPY
ISBN 10
432660347X   COPY
出版者記号
326   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年1月7日
最終更新日
2022年1月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人口減少時代の課題解決に向けて、様々な「ヒューマンサービス」に共通するコミュニティ型課題解決アプローチの考え方と実践を一望。

本書のねらいは、それぞれ異なる文脈をもつ分野、立場、方法による様々なテーマを、広く「ヒューマンサービスとコミュニティ」という主題のもとに位置づけることで、支え合う社会を構想するための対話の場とすることである。この試みを契機に、異なるテーマの背後にある共通の理念を改めて問い直し、一層豊かな対話が生まれてくる。

目次

はじめに

第1章 ヒューマンサービスへのコミュニティ・アプローチ~射程とフレームワーク[宮垣 元]
 1.ヒューマンサービスとコミュニティの時代
 2.ヒューマンサービスの捉え方
 3.コミュニティの変容
 4.ヒューマンサービスへのコミュニティ・アプローチの構想
 
コラム1 ピアサポートを地域資源に[秋山美紀]
 コラム2 コミュニティの境界をいかに設計するか[飯盛義徳]

第2章 実践と研究をつなぐアプローチ~越境する学問のすゝめ[秋山美紀]
 1.何のために研究をするのか?
 2.当事者のエンパワメントと研究者の役割
 3.越境と他流試合のすゝめ
 4.多様な知の蓄積と発展に向けて

 コラム3 災害を自分ごととして捉えるために[大木聖子]
 コラム4 健康づくりの「良い取り組み」をいかに地域に根づかせるか[今村晴彦]

第3章 ウィズコロナ時代における地域の居場所運営~オンラインの居場所はリアルの居場所を代替できるか?[伴英美子・坂倉杏介]
 1.居場所とはなにか
 2.ゆがわらっこと作る多世代の居場所
 3.オンラインの居場所の特徴
 4.オンラインの居場所はリアルの居場所を代替できるか?

 コラム5 高齢者と地域にとってのグループリビング[土井原奈津江]
 コラム6 高齢者の力を子どもの成長に 子どもの力を高齢者の生きがいに[加藤美枝]

第4章 少子高齢時代の家族支援とコミュニティ・ソリューション~歴史分析から現代を見る[馬場わかな]
 1.ヒューマンサービスとしての家族支援
 2.歴史分析の有効性
 3.19/20世紀転換期ドイツのホームケア
 4.歴史分析から見るヒューマンサービスとコミュニティ

 コラム7 新たな発想に基づく社会保障行政の展開[星田淳也]
 コラム8 シェアハウスでの子育て[福澤涼子]

第5章 健康でいきいきと働くための支援~職場と地域での実践プログラムの立案と評価[島津明人]
 1.働くことと健康
 2.ワーク・エンゲイジメントを高めるには
 3.職場以外の要因への注目
 4.まとめと今後に向けて

 コラム9 セカンドキャリアと学びのコミュニティ[河野純子]
 コラム10 児童虐待対応における多機関連携の新しい姿[小笠原和美]

第6章 トップアスリートとコミュニティ~アスリートがコミュニティを作り,コミュニティがアスリートを育てる[東海林祐子]
 1.スポーツにとってなぜコミュニティが必要か
 2.アスリートの力とは
 3.アスリートの資質を高めるコミュニティとは
 4.アスリートにとってのコミュニティの意義

 コラム11 地域連携による探究学習活動[醍醐身奈]
 コラム12 協議会型の住民自治によるコミュニティ再編[稲垣 円]

第7章 障害者のスポーツ参加のもつ意義~多様性のプラットフォームとしての地域スポーツの可能性[塩田琴美]
 1.障害者のスポーツ参加
 2.障害者がスポーツ活動を行う難しさ
 3.地域での障害者スポーツのあり方
 4.障害者のスポーツ促進と社会のあり方

 コラム13 農福連携による精神障がい者の社会的包摂[佐々木秀夫]
 コラム14 再起の力を涵養する回復期病棟のコミュニティ[後藤 博]

第8章 保育園による子育て支援の可能性~コロナ禍における保護者とのコミュニケーション改善の取り組みから[久具山圭子]
 1.保育園による子育て支援とは
 2.赤門保育園のチャレンジ
 3.職員と保護者との関係構築の取り組み
 4.子育て支援関係の専門職への影響と相互性

 コラム15 ICTを活用した高齢者の見守りとプライバシー[伊藤綾香]
 コラム16 デザイン思考でイノベーションを起こそう[秋山美紀]

第9章 ニジェールのコミュニティとともに~ヒューマンサービスの協働の実践から[國枝美佳]
 1.ニジェールのヒューマンサービス
 2.「みんなの学校」にみる日本の支援とコミュニティの協働
 3.ワクチン接種を推進するために
 4.コミュニティのソーシャル・キャピタルを活用したヒューマンサービス

 コラム17 おすすめ文献案内

参考文献
おわりに
索  引

著者プロフィール

秋山 美紀  (アキヤマミキ)  (編集

秋山 美紀(あきやま みき) 慶應義塾大学環境情報学部教授、同大学院健康マネジメント研究科教授。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)、博士(医学)。主な著作に、『地域医療を守れ─「わかしおネットワーク」からの提案』(共著、岩波書店、2008年)、『地域医療におけるコミュニケーションと情報技術』(慶應義塾大学出版会、2008年)、『コミュニティヘルスのある社会へ─「つながり」が生み出す「いのち」の輪』(岩波書店、2013年)、『価値創造の健康情報プラットフォーム─医療データの活用と未来』(共編著、慶應義塾大学出版会、2016年)等がある。

宮垣 元  (ミヤガキゲン)  (編集

宮垣 元(みやがき げん) 慶應義塾大学総合政策学部教授。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)。主な著作に、『ヒューマンサービスと信頼─福祉NPO の理論と実証』(慶應義塾大学出版会、2003年)、『コミュニティ科学─技術と社会のイノベーション』(共編著、勁草書房、2009年)、『入門ソーシャルセクター─新しいNPO / NGO のデザイン』(編著、ミネルヴァ書房、2020年)、『その後のボランティア元年─NPO・25年の検証』(晃洋書房、2020年)等がある。

上記内容は本書刊行時のものです。