版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
南部メキシコの内発的発展とNGO 補訂版 北野 収(著/文) - 勁草書房
..

書店員向け情報 HELP

南部メキシコの内発的発展とNGO 補訂版 (ナンブメキシコノナイハツテキハッテントNGOホテイバン)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:勁草書房
A5判
336ページ
定価 3,500円+税
ISBN
978-4-326-60323-7   COPY
ISBN 13
9784326603237   COPY
ISBN 10h
4-326-60323-2   COPY
ISBN 10
4326603232   COPY
出版者記号
326   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年10月17日
最終更新日
2019年11月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2000年代南部メキシコの社会改良を求める人々の内発的活動、グローバリゼーションによる市場原理主義への対抗運動の実証研究書。

2008年に上梓した本書は研究書としての性格のみならず、「内発的発展論」「キーパーソン論」「ジェンダー論」「フェアトレード運動」「オルタナティブな教育論」など国際開発論や開発社会学の基礎的イシューをほぼ網羅している。補訂版においては、若干の考察を追加するとともに部分的な削除をし、並製とし低価格を実現した。

目次

はじめに

序章 本書の射程と南部メキシコという文脈
 1 内発的発展とポスト開発論に関する概念整理
 2 本書の射程と構成
 3 いくつかのキーワードと分析的視点
 4 メキシコおよびオアハカという文脈
 5 用語表記に関する補足

第1章 脱プロ知識人とポスト開発思想
 1 はじめに
 2 ポスト開発思想の歴史的背景
 3 エステバの遍歴:開発のエリートからポスト開発活動家への道のり
 4 ポスト開発思想の世界観
 5 南と北の人々に求められるもの
 6 考察と議論
 7 むすび

第2章 女性活動家の遍歴と政治空間
 1 はじめに
 2 テワンテペック地峡の政治地理
 3 ある女性活動家の遍歴と証言
 4 むすび

第3章 フェアトレードの父の思想と哲学
 1 はじめに
 2 方法論と目的
 3 イスモ地域先住民族共同体組合(UCIRI)の概要
 4 ヴァンデルホフの個人史と思想・哲学
 5 考  察
 6 むすび

第4章 農民・女性・青年の「学び」から
 1 はじめに
 2 教育と学びに関する2つのテーゼ
 3 非・不定型の「学び」の展開:農民・女性・若者へのインタビューから
 4 考  察
 5 むすび

第5章 『女の町フチタン』のその後
 1 はじめに
 2 フチタンをみる視座
 3 『女の町フチタン』について
 4 フチタンにおける4つの性
 5 ムシェ市民活動家へのインタビューから
 6 むすび

第6章 知識人の対話から実践へ
 1 はじめに
 2 イヴァン・イリイチについて
 3 エステバの「語り」におけるイリイチとオアハカでの実践
 4 むすび

第7章 ローカルNGOと市民社会,そして政府
 1 はじめに
 2 教会系NGOの発達と社会運動
 3 農村ラジオ局によるアイデンティティ戦略
 4 カタリストとしての農村青年NGO
 5 政府とNGOの関係の二面性
 6 むすび

第8章 グローバル化への反応と矛盾
 1 はじめに
 2 構造調整とコーヒー生産者組合
 3 PPP反対運動とローカルNGO
 4 むすび

第9章 内発的発展・知識人・NGO
 1 はじめに
 2 新しい社会運動の遺産と新たな展開
 3 ローカルNGOの評価
 4 社会変革における人的資源としての知識人達
 5 むすび:運動としての内発的発展論と対抗的政策論

終章 複眼的なリアリティの捉え方に関する試論
 1 はじめに
 2 本書が提示した主体形成論と権力関係論
 3 社会構造と行為主体の関係という命題
 4 実証主義と解釈主義の関係という命題
 5 リアリティ理解のための様々な社会科学的営為
 6 むすび
 7 おわりに

文献一覧
初出一覧

著者プロフィール

北野 収  (キタノ シュウ)  (著/文

北野 収(きたの しゅう) 
獨協大学外国語学部交流文化学科教授. 専門は国際開発論(農業農村開発, 開発と倫理). コーネル大学 Ph. D.. 農林水産省で農業経済事務官(国家Ⅰ種)として国際協力・ODA, 農村整備・地域活性化, 農業白書, 行政改革会議等を担当. 日本大学准教授を経て現職. (特活)環境保全修復機構(ERECON)理事, 国際アジア食料研究所(IAFI)理事, (一社)スマート・テロワール協会顧問, 大地の大学(Unitierra Japón)代表補佐. 著書に. 『国際協力の誕生[改訂版]』(創成社), Space, Planning, and Rurality (Trafford), 『共生時代の地域づくり論』(農林統計出版), 共著書に『SDGsと環境教育』(学文社), 『アジアの持続可能な発展に向けて』(慶應義塾大学出版会)など.

上記内容は本書刊行時のものです。