版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
なぜ外国語を身につけるのは難しいのか 森島 泰則(著/文) - 勁草書房
..
【利用不可】

なぜ外国語を身につけるのは難しいのか (ナゼガイコクゴヲミニツケルノハムズカシイノカ) 「バイリンガルを科学する」言語心理学 (バイリンガルヲカガクスルゲンゴシンリガク)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:勁草書房
四六判
212ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-326-29910-2   COPY
ISBN 13
9784326299102   COPY
ISBN 10h
4-326-29910-X   COPY
ISBN 10
432629910X   COPY
出版者記号
326   COPY
Cコード
C3011  
3:専門 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年11月7日
最終更新日
2024年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

小学校での英語教育導入や企業の英語公用語化の動きに代表されるように、国際語としての英語への関心や必要性はますます高まっている。本書は英語を中心とした外国語の学習と使用を題材に、言語心理学にまつわる概念や現象を解説し、二つの言語を使うこと、つまりバイリンガリズムについて考えながら、言語と認知の関係を解き明かす。

目次

はじめに

序 章 バイリンガリズムと現代
 1 国際化とバイリンガリズム
 2 バイリンガルとは何か
 3 本書の目的

第一章 日本と世界の二言語・多言語使用事情
 1 多言語化する日本社会
 2 二言語・多言語使用の国や地域
 3 国際語としての英語
 4 日本人の英語能力

第二章 バイリンガリズム、第二言語の認知的メカニズム
 1 言語処理の仕組み
 2 バイリンガルの言語処理プロセス
 3 言語知識はどのように記憶されているのか──メンタル・レキシコンの話
 4 バイリンガル・レキシコン・モデル

第三章 一つの言語を使っているとき、もう一つの言語プロセスは停止しているのか
 1 バイリンガル・ストループ実験と視線計測実験
 2 使っていない言語の制御

第四章 外国語副作用──認知資源の配分と外国語使用
 1 認知システムとしての脳と記憶の仕組み
 2 認知資源とは
 3 L2言語処理と認知資源
 4 第二言語の方が合理的な判断ができる?

第五章 脳機能から見たバイリンガルの言語処理
 1 「脳の構造と機能」概論
 2 脳機能から見る言語
 3 FOXP2遺伝子
 4 モノリンガルとバイリンガルの脳機能の違い

第六章 なぜ外国語を身につけるのは難しいのか──言語の臨界期と外国語習得
 1 言語の臨界期
 2 発音の臨界期と赤ちゃんの音声知覚能力の発達
 3 母語と外国語の関係─対照分析仮説

第七章 外国語を話すと人が変わる?
 1 虹の色は何色か──使う言語によってものの見方が変わる?
 2 言語相対論とは──サピア=ウォーフ仮説
 3 カテゴリー知覚
 4 絶対方位感覚をもつ言語
 5 文法的性(ジェンダー)
 6 バイリンガルの場合

第八章 バイリンガルは頭がいい?
 1 バイリンガルと知的能力
 2 バイリンガルの優位性
 3 バイリンガルに負の効果はないのか
 4 小学校英語はプラスかマイナスか

おわりに
参考文献

著者プロフィール

森島 泰則  (モリシマ ヤスノリ)  (著/文

森島 泰則(もりしま やすのり) 
1958年, 静岡県生まれ。1996年, コロラド大学大学院博士課程修了, Ph.D. (Psychology)。中学校教諭(英語), 日系企業研究員, スタンフォード大学客員研究員を経て, 現在, 国際基督教大学教養学部教授(心理学)。専門は, 認知心理学, とくに, 第一, 第二言語の文章理解。著書に, 『高次認知のコネクショニストモデル』(分担執筆, 共立出版, 2005), 『現代心理学:人間性と行動の科学』(分担執筆, ナカニシヤ出版, 2012), 『言語心理学入門:言語力を育てる』(分担執筆, 培風館, 2012)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。