版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
管理から自律へ : 戦後ドイツの学校改革 遠藤 孝夫(著) - 勁草書房
...
教育思想双書

管理から自律へ : 戦後ドイツの学校改革

発行:勁草書房
縦200mm
218ページ
価格情報なし
ISBN
9784326298778
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2004年9月
登録日
2018年2月18日
最終更新日
2018年2月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

教育学研究の知見にも裏づけられた、「人間形成の場」にふさわしい自律と協働に基づく学校づくりの試みを紹介する。

目次

本書の課題と視点(現代日本の学校改革の問題状況
本書の課題と視点)
第1章 戦後ドイツにおける私立学校法の制定(私立学校法を検討する意味
私立学校法制の歴史的展開とボン基本法 ほか)
第2章 H.ベッカーの「管理された学校」批判と「自由な学校」の理念(H.ベッカー研究の意義と方法
H.ベッカーの教育思想の背景 ほか)
第3章 ドイツ教育審議会勧告以後の教育学研究の展開(ドイツ教育審議会勧告以後の学校改革
「良い学校」に関する実証的研究とその特質 ほか)
第4章 現代ドイツの学校改革と「自律的な学校」の創出(一九九〇年代の学校改革の全体的動向
「自律的な学校」と協働的学校自治の創出-ブレーメン州を事例として ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。