版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ジェンダーと脳――性別を超える脳の多様性 ダフナ・ジョエル(著/文) - 紀伊國屋書店出版部
..
詳細画像 0
【利用不可】

ジェンダーと脳――性別を超える脳の多様性 (ジェンダートノウ セイベツヲコエルノウノタヨウセイ)

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ25mm
重さ 350g
208ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-314-01185-3   COPY
ISBN 13
9784314011853   COPY
ISBN 10h
4-314-01185-8   COPY
ISBN 10
4314011858   COPY
出版者記号
314   COPY
Cコード
C0040  
0:一般 0:単行本 40:自然科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年6月30日
最終更新日
2021年7月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-10-09 日本経済新聞  朝刊
評者: 渡辺政隆(同志社大学特別客員教授)
2021-10-02 毎日新聞  朝刊
評者: 清田隆之(文筆業)
MORE
LESS

紹介

【性差はある。だが女脳/男脳は存在しない。】
30分間、ストレスを受けたからといって、あなたの生殖器が女性から男性へ、男性から女性へと変わることはありえない。だが、このありえないことが脳の神経細胞では起こりうる。脳はホルモン、ストレス、薬物、環境などあらゆる影響を受けて驚くほど柔軟に変化する。脳に見つかる男女間の平均的な性差は、現れてはまた消える。だから、脳に性別はないのだ。人の脳は、一人ひとり異なっており、様々な特徴の入り混じる《モザイク》になっている。

【人間の脳や心の複雑さは女/男という二分法ではとらえきれない。】

画期的な「脳モザイク論」で脳の性差をめぐる議論に一石を投じた気鋭の神経科学者が、性別とジェンダーに対する固定観念を打ち砕くサイエンス読み物。9か国で刊行が決定している注目の書。

目次

【目次】
Ⅰ 性別と脳
第1章 覚醒
第2章 ねじ曲げられた事実の歴史
第3章 脳の性差が積み重なると
第4章 生まれか育ちか

Ⅱ 人間はモザイク
第5章 変化する脳
第6章 性別がすべてではない
第7章 脳のモザイク
第8章 現れては消えるわけ
第9章 ブラインドデートに何を期待する?
第10章 脳のタイプ――典型的な脳と稀な脳
第11章 ストレス下の女と男
第12章 健康のモザイク
第13章 心のモザイク

Ⅲ ジェンダーの何が問題か
第14章 男女というバイナリーから多様性のモザイクへ
第15章 ジェンダーという幻想
第16章 バイナリーの洗脳

Ⅳ ジェンダーのない世界へ
第17章 ジェンダーという神話にどう対処するか
第18章 混ざりあうジェンダー
第19章 ジェンダーフリーの教育
第20章 子どもたちをジェンダーから解放する
第21章 ジェンダーへの気づき
第22章 行動に移す
第23章 未来の展望

原注
参考文献
索引
謝辞

著者プロフィール

ダフナ・ジョエル  (ジョエル ダフナ)  (著/文

【著者】ダフナ・ジョエル(Daphna Joel)│イスラエルの神経科学者(Ph.D.)。テルアビブ大学で神経科学・心理学を教えている。人間と動物の行動の脳メカニズムが専門。本書が初の著書。

ルバ・ヴィハンスキ  (ヴィハンスキ ルバ)  (著/文

【著者】ルバ・ヴィハンスキ(Luba Vikhanski)│イスラエルのワイツマン科学研究所のサイエンス・ライター。『ニューヨーク・タイムズ』紙や『ネイチャー・メディシン』誌などに寄稿する。

鍛原 多惠子  (カジハラ タエコ)  (翻訳

【訳者】鍛原多惠子(かじはら・たえこ)│翻訳家。ホニグスバウム『パンデミックの世紀』、ライアン『文明が不幸をもたらす』、アル=カリーリ『サイエンス・ネクスト』、コーバリス『意識と無意識のあいだ』ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。