版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
愛について : プルースト、デュラスと 鈴村 和成(著) - 紀伊國屋書店
...

愛について : プルースト、デュラスと

縦200mm
296ページ
価格情報なし
ISBN
9784314008914
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2001年5月
登録日
2017年3月31日
最終更新日
2017年3月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-06-10 読売新聞  朝刊
評者: 小池真理子(作家)

紹介

どうして私たちは恋愛小説に惹かれるのか。プルースト、デュラス-20世紀を代表する二人の作家を、恋愛論として読みなおす。

目次

序 ヴァーチャルな恋(電話の恋人たち
愛するとは見ること ほか)
1 マルセル・プルースト、あるいはアルベルチーヌの行方(無意志的な恋
生と死の鳥-フォルトゥニーの衣裳 ほか)
2 マルグリット・デュラスと愛の暗室(不在(absence)
消し去られた伝記と、その痕跡 ほか)
3 ノルマンディーの恋-プルースト、デュラスと(手渡される海
サンザシ、海、女の友だち ほか)
結論 幻の愛

上記内容は本書刊行時のものです。