版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
学び合いで授業をアップデート AI時代の国語授業 細川 太輔(著/文) - 学陽書房
..

学び合いで授業をアップデート AI時代の国語授業

発行:学陽書房
A5判
144ページ
定価 1,900円+税
ISBN
9784313653986
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月27日
最終更新日
2020年7月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

AI技術が発展し、今の子どもの6割が現在はない職業に就くとされる時代に、本当に必要とされる力はなんなのか?
現行の国語授業をすこしアップデートするだけで、未来を生き抜く読解力と対話力が身につく「言葉の授業」のつくり方!

目次

序章 AI時代に必要な5つの力と態度

1 言葉をどう使うべきか考える力
BEFORE お手本の通り言葉を使う
→AFTER どんな言葉を使うべきか考える
2 協力したり道具を使ったりして言葉を使う力
BEFORE 協力せずに一人で言葉を使う
→AFTER 助けられながら言葉を使う
3 文字とイメージを結びつける力
BEFORE 文字の表面上の意味だけわかる
→AFTER 文字とイメージを結びつける
4 様々な立場から考えて言葉を使う力
BEFORE 自分の立場のみから意見を言う
→AFTER 様々な立場から考えて言葉を使う
5言葉を使いたくなる態度
BEFORE ただ言葉が使えるようになるだけ
→AFTER 言葉を使いたくなる


1章 言葉をどう使うべきか考える授業

1 言語活動に目的をもたせよう
2 ゴールイメージを明確にしよう
3 学習計画立てさせよう
4 1回は困らせよう
5 対応策を子どもと一緒に考えよう
6 振り返りの意味を理解させよう
7 クラスで学んだことを共有しよう
8 抽象化して話し合いをさせよう
9 新しいアイデアが出るクラスにしよう
10 具体化して考えさせよう
【授業例1】おもちゃの作り方の説明書を書こう

2章 協力したり道具を使ったりして言葉を使う授業

1 ペア活動を取り入れよう
2 小グループで活動しよう
3 クラス全体で交流しよう
4 自由に学び合える雰囲気にしよう
5 国語辞典や類語辞典を使わせよう
6 インターネットを役立てよう
7 パソコンを使って書かせよう
8 写真や図で表現を広げよう
9 動画を使って表現させよう
10 スライドショーでプレゼンさせよう
【授業例2】環境問題への意見文を書こう

3章 言葉とイメージを結びつける授業

1 イメージをこめて音読しよう
2 読んだことを動作化してみよう
3 読んだことを図や立体で表現しよう
4 写真や図表と見比べさせよう
5 動画をもとに考えさせよう
6 模型をもとに考えよう
7 文、段落をつなげて読んでみよう
8 身近な題材で話し合おう
9 書く前に体験をさせよう
10 論理を身に着けさせよう
【授業例3】じどう車くらべをもとに説明文を書こう


4章 様々な立場から考えて言葉を使う授業

1 自分とは考え方が違う人と交流しよう
2 様々な意見が出るテーマで学び合おう
3 読み手のことを調べよう
4 みんなで複数の文章を読もう
5 「確かに」という言葉を使わせよう
6 反対意見を予想させよう
7 相手を説得できる理由を言おう
8 根拠と理由、意見を区別しよう
9 事例を使って確認しよう
10 言い切らないように言葉を使おう
【授業例4】1年生に読み聞かせる本を話し合おう

5章 言葉を使いたくなる授業

1 相手に読んで返事をしてもらおう
2 いいコメントでしめくくろう
3 生活がよくなる活動にしよう
4 調べ学習を取り入れよう
5 楽しい活動にしよう
6 読書につなげよう
7 自ら本を手に取る子どもを育てよう
8 文字のおもしろさに気づかせよう
9 言葉の変遷に気づかせよう
10 言葉の違いに興味をもたせよう
【授業例5】生き物ガイドブックを書こう

著者プロフィール

細川 太輔  (ホソカワタイスケ)  (著/文

1978年東京都生まれ。東京学芸大学准教授。
東京大学教育学部卒業,東京学芸大学連合大学院修了。教育学博士。
私立小学校教諭,東京学芸大学附属小金井小学校教諭,東京学芸大学講師を経て,現職。

上記内容は本書刊行時のものです。