版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アーバニズムのいま 槇 文彦(著/文) - 鹿島出版会
..
詳細画像 0
SD選書 271

アーバニズムのいま

発行:鹿島出版会
四六判
236ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784306052710
Cコード
C1352
教養 全集・双書 建築
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年3月24日
最終更新日
2020年5月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

建築家、アーバンデザイナーである著者=槇文彦が待望するニューアーバニズムとは何か!ニューアーバニズムの興隆に向け若い世代へ投げかける、自身が実際に見、聞き、討論してきたアーバニズムの過去そして現在。

目次

序章
第1章:アーバニズムの季節
    モダニズム建築との出会い/創生の頃―アーバニズムの季節/アーバニズムの季節を総括する
第2章:アーバニズムのいま
    アーバンデザイン会議‘56、その意味するもの/現在の都市2019/パワーアーキテクトの生態
第3章:私の都市、東京
    私の都市―獲得する心象風景/細粒都市東京とその将来像/《ヒルサイドテラス》とソーシャル・サスティナビリティ/《新国立競技場》その後
第4章:ヒューマニズムの建築
    New Humanismとは何か/アーバニティを豊かにするいくつかの試み/人間の愛情と建築
あとがき

著者プロフィール

槇 文彦  (マキ フミヒコ)  (著/文

槇文彦(まき・ふみひこ)
1928年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ワシントン大学、ハーバード大学准教授、東京大学工学部建築学科教授を経て、槇総合計画事務所設立。プリツカー賞、高松宮殿下記念世界文化賞、日本建築学会賞、日本芸術大賞、日本建築学会大賞、文化功労者など多数受賞。主な著・訳書に『コミュニタス』(共訳)彰国社、『都市空間の原点』(共著)筑摩書房、『ヒルサイドテラス+ウエストの世界』(編著)鹿島出版会、『漂うモダニズム』左右社、『槇文彦+槇総合計画事務所2015』(編著)鹿島出版会、『Recent Work Fumihiko Maki』(編著)鹿島出版会、『アナザーユートピア』(共編著)NTT出版、他。

上記内容は本書刊行時のものです。