版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人間の街をめざして アニー・マタン(著/文) - 鹿島出版会
..

人間の街をめざして ヤン・ゲールの軌跡

発行:鹿島出版会
B5変型判
192ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784306046788
Cコード
C3052
専門 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月26日
最終更新日
2020年6月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

北欧の異端児から世界の先導者へ。「人間の街」をめざして闘ってきたヤン・ゲールの理論と実践の軌跡。

もしヤン・ゲールがいなかったら、私たちは街を救うために彼を発明しなければならなかっただろう。都市という世界の主役は人間である。半世紀のあいだ、ヤンの先見性あふれる活動は、都市の公共空間を自動車交通ではなく人間の場所にすることに貢献してきた。ヤンは類まれな感受性と知性とユーモアを兼ね備え、都市デザインの本質的問題を摘出し、それを克服するのに必要な実践的で都市特性に合わせた解決策を導くことができる。
――ジャネット・サディク=カーン(元ニューヨーク市交通局長)

私たちはよく、ロバート・モーゼスの規模で計画し、ジェイン・ジェイコブズの基準で自己評価すると言ってきた。しかし、それはもはや正しくない。いまや私たちは、ヤン・ゲールの基準で自己評価している。
――アマンダ・バーデン(ニューヨーク市計画局長)

街は書物と同様に読むことができ、ヤン・ゲールは街の言語を理解している。
――リチャード・ロジャース(建築家)

目次

まえがき
1章 人間の次元
2章 人びとを可視化する
3章 理念を広める
4章 実験室としてのコペンハーゲン
5章 物の見方を変える
6章 街を変える
7章 未来に向かって
訳者あとがき

著者プロフィール

アニー・マタン  (アニー マタン)  (著/文

アニー・マタン(Annie Matan)
1978年オーストラリア生まれ。サンフランシスコ州立大学地理学部、マードック大学サステナブル開発学部卒業。カーティン大学大学院修了、PhD。西オーストラリア州都市計画委員会、ゲール・アーキテクツ等を経て、カーティン大学サステナビリティ政策研究所講師。
[著書]『都市の思想家たち』(「ヤン・ゲール」の章担当)『アジアのグリーンアーバニズム』ほか。

ピーター・ニューマン  (ピーター ニューマン)  (著/文

ピーター・ニューマン(Peter Newman)
1945年オーストラリア生まれ。デルフト大学卒業。西オーストラリア大学大学院修了、PhD。
フリーマントル市議会議員、西オーストラリア州政府顧問、マードック大学教授等を経て、カーティン大学サステナビリティ政策研究所教授。2001年オーストラリア政府センテナリーメダル、2014年オーストラリア勲章(持続可能な交通・都市デザインの功績に対して)受章。
[著書]『都市と自動車依存性』『持続可能性と都市』『アジアのグリーンアーバニズム』『自動車依存性の終焉』『レジリエント都市』ほか。

北原 理雄  (キタハラ トシオ)  (翻訳

北原理雄(きたはら・としお)
1947年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。同大学院修了、工学博士。名古屋大学助手、三重大学助教授、千葉大学大学院教授を経て、同大学名誉教授。
[著書・訳書]『都市設計』『都市の個性と市民生活』『公共空間の活用と賑わいまちづくり』『生活景』(いずれも共著)、G. カレン『都市の景観』、J. ゲール『建物のあいだのアクティビティ』『人間の街』、M. カーモナほか『パブリックスペース』(いずれも鹿島出版会)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。