版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
建築と都市の保存再生デザイン 田原 幸夫(著/文 | 編集) - 鹿島出版会
..

建築と都市の保存再生デザイン 近代文化遺産の豊かな継承のために

発行:鹿島出版会
A5判
270ページ
定価 3,200円+税
ISBN
9784306046733
Cコード
C3052
専門 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年1月25日
最終更新日
2019年2月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近代建築を使いながら保存していくために、文化遺産としての価値を守りつつ、現代に適した性能をいかに付加するか。

何を変え、何を守るのか――。

近年、既存建物のリノベーションが注目を集めており、近現代建築の保存再生というテーマがより身近なものになってきているが、歴史と現代が調和した真に豊かな都市環境づくりには、まだほど遠い状況にある。既存建物の価値を十分に理解していないと思われる、奇妙な保存再生例が都市には溢れている。より多様な既存建物のリノベーションにおいても、優れた「保存再生デザイン」が求められているのである。(序論より)

目次

序論:建築と都市の現在 田原幸夫
1 章:基本編―材料から考える
煉瓦造近代建築 田原幸夫
鉄筋コンクリート造近代建築 笠原一人
木造近代建築 中山利恵
近代建築の保存再生デザインにおける共通の課題 田原幸夫+笠原一人+中山利恵

2章 :実践編―現代における課題
建築史研究と保存再生デザイン 石田潤一郎
文化財行政と保存再生デザイン 北河大次郎
文化財構造物への構造補強の考え方とデザイン―文化財の耐震補強を知らずして、文化財の活用を語るなかれ― 冨永善啓

3章:座談会―Monument からLiving Heritage へ
清水重敦+中川 理+中山利恵+笠原一人+田原幸夫

オーセンティシティとインテグリティを考える
近代文化遺産における活用について考える

資料:文化遺産に関する憲章・宣言集
あとがき 笠原一人+中山利恵
「建築都市保存再生学コース」シンポジウム・特別研究会・特別講義の記録 

著者プロフィール

田原 幸夫  (タワラ ユキオ)  (著/文 | 編集

田原幸夫(たはら・ゆきお)
建築家/京都工芸繊維大学KYOTO DesignLab特任教授
1949 年長野県生まれ。1973 年京都大学工学部土木工学科卒業。1975 年京都大学工学部建築学科卒業。1975 年日本設計事務所(現・日本設計)入社。1984 年ベルギー政府給費留学生としてルーヴァン・カトリック大学大学院留学。同大学院「歴史的都市と建築の保存修復センター」にてディプロマ取得。ユネスコ世界遺産「グラン・ベギナージュ」の保存活用設計に携わる。2007 年5 月– 2012 年10月東京駅丸の内駅舎保存復原設計監理総括を経て、2014 年4 月より現職。著書に『世界遺産・フランダースのベギナージュヘ』(彰国社、2002 年)、『建築の保存デザイン』(学芸出版社、2003 年)など。日本イコモス賞、日本建築家協会賞、日本建築学会賞(業績)、日本建築士会連合会賞、BCS 賞などを受賞。

笠原 一人  (カサハラ カズト)  (著/文 | 編集

笠原一人(かさはら・かずと)
京都工芸繊維大学デザイン・建築学系助教
1970年神戸市生まれ。1998年京都工芸繊維大学大学院博士課程修了。2010–11 年オランダ・デルフト工科大学客員研究員。DOCOMOMO Japan 理事。住宅遺産トラスト関西理事。近代建築史、建築保存再生論専攻。著書に『近代建築史』(共著・昭和堂・1998年)、『関西のモダニズム建築』(共著・淡交社・2014年)、『村野藤吾の住宅デザイン』(共著・国書刊行会・2015 年)、『村野藤吾の建築』(共著・青幻舎・2015 年)など。日本建築学会賞(業績賞・共同受賞)、工学教育賞などを受賞。

中山 利恵  (ナカヤマ リエ)  (著/文 | 編集

中山利恵(なかやま・りえ) 
京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科建築学専攻助教
金沢美術工芸大学美術工芸学部卒業。東京芸術大学大学院修士課程修了後、東京大学工学系研究科博士課程、有限会社 金沢設計(降幡建築設計事務所金沢分室)勤務、公益社団法人金沢職人大学校修復専攻科を経て、2012 年「日本の木造建築における『洗い』の歴史的研究―木肌処理技術からみた建築の経年に対する美意識の変遷―」により博士(工学)学位取得。2015 年12月より現職。

石田 潤一郎  (イシダ ジュンイチロウ)  (著/文

石田潤一郎(いしだ・じゅんいちろう)
武庫川女子大学客員教授・京都工芸繊維大学名誉教授
1952年鹿児島市生まれ。1976年京都大学建築学科卒業。1981 年同大学大学院博士課程修了。工学博士。京都大学助手、滋賀県立大学助教授、京都工芸繊維大学教授を経て2018 年より現職。専攻は日本近代建築史。著書に『日本の建築〔明治大正昭和〕7 ブルジョワジーの装飾』(三省堂、1980年)、『屋根のはなし』(鹿島出版会、1990年)、『都道府県庁舎―その建築史的考察』(思文閣出版、1993 年)、『関西の近代建築ウォートルスから村野藤吾まで』(中央公論美術出版、1996 年)、『建築を見つめて、都市に見つめられて』(鹿島出版会、2018 年)など。建築史学会賞、日本建築学会賞(論文)などを受賞。

北河 大次郎  (キタガワ ダイジロウ)  (著/文

北河大次郎(きたがわ・だいじろう)
(独)国立文化財機構 東京文化財研究所 室長1969年静岡生まれ。1992 年東京大学工学部土木工学科卒業。1999 年フランス国立土木学校博士課程修了。フランス国博士(国土整備・都市計画)。同年より、文化庁で主に近代化遺産の調査、指定等を担当。2010年から2 年間イタリアの[31]ICCROM(文化財保存修復研究国際センター)でプロジェクトマネージャーを務める。2016年4月より現職。著書に『近代都市パリの誕生』(河出書房新社、2010 年)、“Ilrestauro in Giappone: architectture, città,paesaggi”( 共著、Alinea Editrice 、2010年)、『図説近代日本土木史』(共著、鹿島出版会、2018 年)など。サントリー学芸賞、交通図書賞、土木学会論文奨励賞などを受賞。

清水 重敦  (シミズ シゲアツ)  (著/文

清水重敦(しみず・しげあつ)
京都工芸繊維大学教授
1971 年東京葛飾生まれ。東京大学工学部建築学科卒、同大学大学院工学系研究科博士課程単位取得満期退学。奈良文化財研究所景観研究室長を経て、2012 年京都工芸繊維大学准教授、2017 年より現職。博士(工学)。東アジア建築史、文化遺産論を専攻。著書に『建築保存概念の生成史』(中央公論美術出版、日本建築学会賞・建築史学会賞・日本イコモス奨励賞受賞)、『辰野金吾 美術は建築に応用されざるべからず』(共著、ミネルヴァ書房、日本建築学会著作賞受賞)など。

冨永 善啓  (トミナガ ヨシアキ)  (著/文

冨永善啓(とみなが・よしあき)
株式会社文化財構造計画代表取締役
1974年大阪府堺市生まれ。1999 年に京都大学大学院修了後、文化財修理の設計事務所、構造設計事務所を経て、2006 年に財団法人文化財建造物保存技術協会に入会。構造担当として多くの文化財建造物の耐震診断・構造補強設計に関与する。2011 年に株式会社文化財構造計画を設立。文化財建造物の耐震診断・補強設計とともに保存活用計画策定も行っている。これまでに約200 棟の文化財建造物の耐震補強に実務者として関わった。2017 年に日本イコモス奨励賞を受賞。

中川 理  (ナカガワ オサム)  (著/文

中川 理(なかがわ・おさむ)
京都工芸繊維大学教授
1955 年横浜生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業。1988 年京都大学大学院建築学専攻博士課程修了。工学博士。1992 年京都工芸繊維大学准教授。2003 年から現職。専攻は近代都市史・建築史。著書に、『偽装するニッポン―公共施設のディズニーランダゼイション』(彰国社、1996)、『京都と近代―せめぎあう都市空間の歴史』(鹿島出版会、2015 年)、『京都 近代の記憶』(思文閣出版、2015)、『近代日本の空間編成史』(編著、思文閣出版、2017 年)など。日本都市計画学会論文奨励賞、日本建築学会教育賞、日本建築学会賞(論文)など受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。