版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
妖怪と怨霊が動かした日本の歴史 田中 聡(著) - 笠間書院
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし
返品の考え方: 返品フリー

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

妖怪と怨霊が動かした日本の歴史 (ヨウカイトオンリョウガウゴカシタニホンノレキシ) なぜ日本人は祟りを怖れるのか (ナゼニホンジンハタタリヲオソレルノカ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:笠間書院
四六判
288ページ
並製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-305-71019-2   COPY
ISBN 13
9784305710192   COPY
ISBN 10h
4-305-71019-6   COPY
ISBN 10
4305710196   COPY
出版者記号
305   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年8月5日
発売予定日
登録日
2024年6月6日
最終更新日
2024年7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本の歴史には怨霊や妖怪が根強くかかわっている。古の文書に不思議な出来事が残されているだけでなく、それらは世の中を動かし、時には歴史さえ変えてきた。
また、古の人々は純粋に怨霊や妖怪の存在を信じて、その存在を怖れ、為政者たちはその存在を信じて政治を行い、人々の日々の営みがあり、歴史が紡がれてきたのである。
現在放送されているNHKの大河ドラマは、「源氏物語」の作者の紫式部が主人公だが、彼女が遺した作品には多くのモノノケが登場する。彼女は「源氏」をはじめとする登場人物たちがモノノケに翻弄される姿から何を訴えようとしていたのか。
藤原家や天皇家の権力闘争のために抹殺されていった者たちの怨みが怨霊となり、それに怯える権力者たちは怨霊や妖怪を鎮めるために神仏を崇め、高僧や陰陽師に調伏を願うが、祟りは鎮まるどころか天変地異や疫病、飢饉は続き、世は荒れ人心も乱れていく。
菅原道真、崇徳院、平将門、歴史に語り継がれる怨霊は必ず歴史の節目に現れている。
怨みをもった怨霊たちは人間の歴史に介入し、歴史に影響を与えていく。裏を返せば、権力を握った者たちの自責への念や、権力者への市井の民の不満が生み出したのが怨霊や妖怪である。
本書は豊富な古典史料を渉猟した著者が、歴史の中の「怨霊」「妖怪」を読み解いたユニークな日本史分析である。

【目 次】
まえがき
序章 「源氏物語」のモノノケと病
生き返った紫の上
モノノケ調伏の光景
出産とモノノケ
モノノケという病
紫の上の病とモノノケ
六畳御息所の生霊
死霊の訴え
紫の上を病ませたもの
女三宮の出家
心の鬼とモノノケ
紫式部の「心の鬼」

 一章 怨霊と平安
怨霊の登場
陰謀と怨霊たち
平安への闇路
怨霊の祭祀
御霊と疫神

 二章 愛欲の天狗
狙われた染殿后
天狗の正体
紺青鬼と天狗
幽霊の誕生

三章 怨霊の軍団化
小見出し抜け
雷神の道具
怨霊の王国

四章 聖剣の喪失と新生
崇徳院の誓い
疎外されていた生涯
龍宮へ還るもの
新時代の神話
新たな剣の物語

五章 末法の魅惑
後鳥羽院野天狗化
妖霊星の降臨
悪の宝剣
霊界のシャドウ・キャビネット

六章 狐、駆けあがる
清盛、狐に出会う
狐と雷神
狐を追放した女の素性
都を騒がす狐の事件
狐と龍蛇
高貴にして生臭く

七章 使われる狐の行方
将軍は狐をつけられたのか
狐を使う武将たち
裁判に出廷した狐
憑依のはじまり
御嶽山の祈祷
船橋の改心
行者との対決
新たな狐の登場
狐、御白洲へ
町奉行の性格
残っていた狐
狐、山をかけられる
死んでいた善兵衛
コレラ流行と狐つき
アメリカ狐の襲来
生物兵器で侵略?
見世物にされていた千年モグラ
皮肉から精神へ
潜行か消滅か

目次

【目 次】
まえがき
序章 「源氏物語」のモノノケと病
生き返った紫の上
モノノケ調伏の光景
出産とモノノケ
モノノケという病
紫の上の病とモノノケ
六畳御息所の生霊
死霊の訴え
紫の上を病ませたもの
女三宮の出家
心の鬼とモノノケ
紫式部の「心の鬼」

 一章 怨霊と平安
怨霊の登場
陰謀と怨霊たち
平安への闇路
怨霊の祭祀
御霊と疫神

 二章 愛欲の天狗
狙われた染殿后
天狗の正体
紺青鬼と天狗
幽霊の誕生

三章 怨霊の軍団化
小見出し抜け
雷神の道具
怨霊の王国

四章 聖剣の喪失と新生
崇徳院の誓い
疎外されていた生涯
龍宮へ還るもの
新時代の神話
新たな剣の物語

五章 末法の魅惑
後鳥羽院野天狗化
妖霊星の降臨
悪の宝剣
霊界のシャドウ・キャビネット

六章 狐、駆けあがる
清盛、狐に出会う
狐と雷神
狐を追放した女の素性
都を騒がす狐の事件
狐と龍蛇
高貴にして生臭く

七章 使われる狐の行方
将軍は狐をつけられたのか
狐を使う武将たち
裁判に出廷した狐
憑依のはじまり
御嶽山の祈祷
船橋の改心
行者との対決
新たな狐の登場
狐、御白洲へ
町奉行の性格
残っていた狐
狐、山をかけられる
死んでいた善兵衛
コレラ流行と狐つき
アメリカ狐の襲来
生物兵器で侵略?
見世物にされていた千年モグラ
皮肉から精神へ
潜行か消滅か

著者プロフィール

田中 聡  (タナカ サトシ)  (

田中聡
1962年富山県生まれ。富山大学卒業。88年に荒俣宏氏を団長に結成された「日本妖怪巡礼団」に調査・案内役として参加、その後、執筆活動を始める。膨大な資料をもとに、思わぬ角度から歴史に埋もれた事象を掘り起こすノンフィクションを数多く著している。著書に、『伝説探訪東京妖怪地図』『地図から消えた東京遺産』(いずれも祥伝社)、『陰謀論の正体! 』(幻冬舎新書)、『明治維新の「嘘」を見破るブックガイド』(河出書房新社)、『電気は誰のものか』(晶文社)など多数がある。

上記内容は本書刊行時のものです。