版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
悩んだら、先人に聞け! 相澤 理(著/文) - 笠間書院
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木
直接取引: なし
返品の考え方: 返品フリー

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784305709660

悩んだら、先人に聞け! センター倫理で日本の思考の型を学ぶ

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:笠間書院
四六判
288ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-305-70966-0   COPY
ISBN 13
9784305709660   COPY
ISBN 10h
4-305-70966-X   COPY
ISBN 10
430570966X   COPY
出版者記号
305   COPY
Cコード
C0010  
0:一般 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年8月5日
書店発売日
登録日
2022年6月2日
最終更新日
2022年7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「安らぎ」「偽善」「あの世」「自然」「心」「武士道」……現代人の悩みや疑問を解決する糸口は、聖徳太子や福沢諭吉などの先人たちが用意していた!

私のしていることは正しいのだろうか? 幸せはいつまで続くのだろうか? 死んだらどうなるのだろうか? そうした悩みや疑問に対して、先人の言葉はよき道しるべとなります。本書は、ベストセラー『東大のディープな日本史』の著者が、聖徳太子、親鸞、本居宣長、福沢諭吉など先人の言葉を、センター試験(現・大学入学共通テスト)の「倫理」の問題を題材に“深く”解説。問題解決の答えやヒントとともに、私たちの心の奥底にある「日本の思考の型」を紐解きます。
センター試験の倫理の問題は、先人の言葉に触れるうえでまたとない教材です。「善行とは何か」「自然とどのように関わるべきか」など、ひとつのテーマで古代以来の思想と思想家について問う構成になっています。問題を一問一問たどっていくことで、私たちの悩みや疑問に対する解決の糸口が得られるとともに、この国の倫理思想を体系的に理解することができます。中高大学生にもビジネスパーソンにも「2度読み」をお薦めします。

第1章 「安らぎ」はどうしたら手に入れられますか?
第2章 私のしていることは「偽善」ではありませんか?
第3章 死んだら「あの世」で天国に行けますか?
第4章 どうしたら「自然」と共生できますか?
第5章 「心」はどこにありますか?
第6章 私には「武士道」の精神が宿っていますか?
特別付録1 日本の思考を理解するための仏教・儒教
特別付録 2 日本の思考を知るための重要人物24人
おわりに

目次

はじめに -私たちの悩みや疑問に、先人たちは答えてくれる。-
目次
第1章 「安らぎ」はどうしたら手に入れられますか?
第2章 私のしていることは「偽善」ではありませんか?
第3章 死んだら「あの世」で天国に行けますか?
第4章 どうしたら「自然」と共生できますか?
第5章 「心」はどこにありますか?
第6章 私には「武士道」の精神が宿っていますか?
特別付録1 日本の思考を理解するための仏教・儒教
特別付録 2 日本の思考を知るための重要人物24人
おわりに

著者プロフィール

相澤 理  (アイザワ オサム)  (著/文

相澤 理
1973年生まれ。東京大学文学部卒業。
シリーズ累計35万部突破のベストセラー『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史』(KADOKAWA)著者。
長年にわたり、東進ハイスクール・東進衛星予備校講師としてセンター試験倫理対策講座を担当。現在は、通信教育予備校「早稲田合格塾」のほか、首都圏の高校で受験指導にあたっている。YouTubeチャンネル「ユーテラ」で授業動画を配信中(https://www.youtube.com/channel/UCTRI9gzaa4xp1vBWBJf0VXg)。
著書には、上記のほか『マンガで倫理が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)、『センター倫理でびっくりするほどよくわかる はじめての哲学・宗教』(大和書房)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。