版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本怪異妖怪事典 近畿 朝里 樹(監修) - 笠間書院
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木
直接取引: なし
返品の考え方: 返品フリー

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784305709615

日本怪異妖怪事典 近畿 (ニホンカイイヨウカイジテン キンキ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:笠間書院
A5判
432ページ
並製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-305-70961-5   COPY
ISBN 13
9784305709615   COPY
ISBN 10h
4-305-70961-9   COPY
ISBN 10
4305709619   COPY
出版者記号
305   COPY
Cコード
C0539  
0:一般 5:事・辞典 39:民族・風習
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年5月31日
書店発売日
登録日
2022年4月5日
最終更新日
2022年5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 大好評の『日本怪異妖怪事典』シリーズ第4弾!
 三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山に伝わる怪異や、この地を舞台に創られた絵画・物語・芸能作品を900項目以上紹介。とくに古都を擁する近畿では、平安朝の怪異や歴史上の人物に関する伝説も多数。さらに、地元民でも知る人が少ないエピソードや都市伝説も収録され、近畿在住の人もこれから旅する人も、オカルト好きも歴史好きも大満足の一冊です!
 娘の願いが叶い、カボチャの中から「きれいなお爺さん・お婆さん」が現れた(三重県)。琵琶湖に棲むフナにまつわる夫婦の伝説(滋賀県)。能の題材にもなった酒呑童子と源頼光の死闘(京都府)。道頓堀に投げ込まれたあの人形は、現在、海でアジの群れを追っている?!(大阪府)。その他、一目連、海犬、しゃんこま、人魚、以津真天、死刑囚の幽霊、化けお多福、刑部姫、グニさん、白粉婆、ツチノコ、小豆とぎ、カシャンボ、三面の狐など、時に怖くて時にシュール、近畿の魅力を味わえる怪談・奇譚が満載。

【目 次】
はじめに
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
近畿広域
その他

○column
資料の性質から怪異妖怪を見る/深くて浅い付喪神の歴史/奈良の河童の妙薬について

○索 引
五十音順索引/部類別索引/属性別索引

おわりに
参考資料

目次

【目 次】
はじめに
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
近畿広域
その他

○column
資料の性質から怪異妖怪を見る/深くて浅い付喪神の歴史/奈良の河童の妙薬について

○索 引
五十音順索引/部類別索引/属性別索引

おわりに
参考資料

著者プロフィール

朝里 樹  (アサザト イツキ)  (監修

監修:朝里 樹
怪異妖怪愛好家・作家。1990年、北海道に生まれる。2014年、法政大学文学部卒業。日本文学専攻。現在公務員として働く傍ら、在野で怪異・妖怪の収集・研究を行う。著書に『日本現代怪異事典』(笠間書院)、『日本のおかしな現代妖怪図鑑』(幻冬舎)、『日本現代怪異事典 副読本』(笠間書院)、『歴史人物怪異談事典』(幻冬舎)、『世界現代怪異事典』(笠間書院)、『つい、見たくなる怪異な世界』(三笠書房)、『山の怪異大事典』(宝島社)、『日本怪異妖怪事典 北海道』(笠間書院)、『21世紀日本怪異ガイド100』(星海社)、『玉藻前アンソロジー 殺之巻』(文学通信)、「放課後ゆ~れい部の事件ファイル」シリーズ(集英社)ほか。

御田鍬  (ミタスキ)  (

著者:御田鍬
1989年、広島県生まれ。京都大学・同大学院に計8年間在籍(専攻は生化学)。
幼少期から妖怪に興味を持っていたが、中学時代に読んだ村上健司『妖怪事典』に衝撃を受け、現代の妖怪事典・図鑑での記述の変遷と混濁を主な興味関心領域としている。大学時代からはサークル「うしみつのかね」名義で同人誌を中心に活動中。妖怪に関する現代の書籍やタイトルに妖怪と含まれる書籍の収集、また水木しげるが参考とした資料・図像などを探索しまとめた同人誌『水木絵のモトエ』の発行などを行っている。共著に『列伝体 妖怪学前史』(勉誠出版)。

木下 昌美  (キノシタ マサミ)  (

著者:木下 昌美
1987年、福岡県生まれ。奈良県在住。同志社女子大学、奈良女子大学院で説話文学を専攻。鬼を中心に勉強する。『奈良妖怪新聞』(大和政経通信社)連載中。漫画『妖怪めし』(マグカン)監修と料理実演。 2019 年『すごいぜ!!日本妖怪びっくり図鑑』(辰巳出版)刊行。旅行会社と組んで妖怪の足跡をたどるツアーなども行う。

上記内容は本書刊行時のものです。