版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
闇で味わう日本文学 中野 純(著) - 笠間書院
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|日教販   書店
八木
直接取引: なし
返品の考え方: 返品フリー

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

闇で味わう日本文学 (ヤミデアジワウニホンブンガク) 失われた闇と月を求めて (ウシナワレタヤミトツキヲモトメテ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:笠間書院
四六判
296ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-305-70955-4   COPY
ISBN 13
9784305709554   COPY
ISBN 10h
4-305-70955-4   COPY
ISBN 10
4305709554   COPY
出版者記号
305   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年5月10日
書店発売日
登録日
2022年2月8日
最終更新日
2022年4月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『源氏物語』、『今昔物語集』、『雪女』、『舞姫』……。
時代を超えて愛される名作には、印象的な「闇」の場面が登場することが多い。
目の前の人の顔も見えない闇とほのかな灯り、怪しいモノの存在を感じさせる山道の真っ暗闇、夜を明るく照らす神秘的な月の光など、人工的な明るさに慣れた現代人にはなかなか想像しにくいものもある。

そんな文学作品の闇の舞台を“闇案内人”である著者が実際に歩いたり、暗くした室内で線香花火を楽しんだりと、五感をフルに活用して雰囲気を体感。
時に恋人たちの逢瀬や詩情を盛り上げ、時に幽玄味に彩られた怪異・伝承を生み出した「闇」という物語装置にスポットを当て、作品世界をより深く楽しむ新しいアプローチを紹介してくれる。

夜の小倉山登山から平安時代の肝試し跡地の散策、古の灯り・油火を身近なもので再現してみたシミュレーションまで盛りだくさんの16章からなる、ユニークな「日本文学体験案内」

【目 次】
巻頭カラー口絵
はじめに
第一章●肝試しの歴史―闇と戦うツワモノたち
(『大鏡』、『十訓抄』、『今昔物語集』、『吾妻鏡』)
第二章●光る茸とかぐやの梯子―八月十五夜には月と地球がつながる
(『竹取物語』『夜の寝覚』『今昔物語集』)
第三章●冬の屋内で線香花火を囲む―座敷花火と寒手花火
(寺田寅彦『備忘録』、正岡子規『俳句稿』)
第四章●ヒグラシと暮らし、ヨアカシと明かす―万葉の蝉
(『万葉集』、内田善美『ひぐらしの森』ほか)
第五章●小倉山と嵯峨野の真っ暗闇を歩く(一)―関西の都は闇放題
(紫式部『源氏物語』、吉田兼好『徒然草』、『小倉百人一首』)
第六章●小倉山と嵯峨野の真っ暗闇を歩く(二)―夜の鳴き声に心を澄ます
(『小倉百人一首』、西行『山家集』)
第七章●月の飲みかた、捕まえかた―月遊びの世界
(土井晩翠「荒城の月」、西行『山家集』)
第八章●雪女は水女―小泉八雲の闇を歩く
(小泉八雲『雪女』)
第九章●望遠部屋とムーンルーム―天の川流域で暮らす
(小林一茶『七番日記』ほか)
第十章●月を直視するなら裏三日月―有明待と今月今夜
(『和泉式部日記』、菅原孝標女『更級日記』、清少納言『枕草子』、尾崎紅葉『金色夜叉』)
第十一章●無月・雨月も月のうち―大正ロマンと少女の夜
(野口雨情「雨降りお月さん」、加藤まさを「月の沙漠」)
第十二章●よばいの闇といにしえの透明人間(一)―なぜ夜にやるのか
(紫式部『源氏物語』)
第十三章●よばいの闇といにしえの透明人間(二)―松の照明を嗅ぐ
(『今昔物語集』)
第十四章●二重の行灯闇の中で―モーモー時から十三夜
(泉鏡花『高野聖』)
第十五章●昔の街灯は火の鳥だった!―舶来の闇を照らす
(芥川龍之介『舞踏会』、森鴎外『舞姫』)
第十六章●おとめの百夜連続単独ナイトハイク―闇富士に恋した娘
(乙女峠の伝説再話)
おわりに
おもな参考文献

目次

【目 次】
巻頭カラー口絵
はじめに
第一章●肝試しの歴史―闇と戦うツワモノたち
(『大鏡』、『十訓抄』、『今昔物語集』、『吾妻鏡』)
第二章●光る茸とかぐやの梯子―八月十五夜には月と地球がつながる
(『竹取物語』『夜の寝覚』『今昔物語集』)
第三章●冬の屋内で線香花火を囲む―座敷花火と寒手花火
(寺田寅彦『備忘録』、正岡子規『俳句稿』)
第四章●ヒグラシと暮らし、ヨアカシと明かす―万葉の蝉
(『万葉集』、内田善美『ひぐらしの森』ほか)
第五章●小倉山と嵯峨野の真っ暗闇を歩く(一)―関西の都は闇放題
(紫式部『源氏物語』、吉田兼好『徒然草』、『小倉百人一首』)
第六章●小倉山と嵯峨野の真っ暗闇を歩く(二)―夜の鳴き声に心を澄ます
(『小倉百人一首』、西行『山家集』)
第七章●月の飲みかた、捕まえかた―月遊びの世界
(土井晩翠「荒城の月」、西行『山家集』)
第八章●雪女は水女―小泉八雲の闇を歩く
(小泉八雲『雪女』)
第九章●望遠部屋とムーンルーム―天の川流域で暮らす
(小林一茶『七番日記』ほか)
第十章●月を直視するなら裏三日月―有明待と今月今夜
(『和泉式部日記』、菅原孝標女『更級日記』、清少納言『枕草子』、尾崎紅葉『金色夜叉』)
第十一章●無月・雨月も月のうち―大正ロマンと少女の夜
(野口雨情「雨降りお月さん」、加藤まさを「月の沙漠」)
第十二章●よばいの闇といにしえの透明人間(一)―なぜ夜にやるのか
(紫式部『源氏物語』)
第十三章●よばいの闇といにしえの透明人間(二)―松の照明を嗅ぐ
(『今昔物語集』)
第十四章●二重の行灯闇の中で―モーモー時から十三夜
(泉鏡花『高野聖』)
第十五章●昔の街灯は火の鳥だった!―舶来の闇を照らす
(芥川龍之介『舞踏会』、森鴎外『舞姫』)
第十六章●おとめの百夜連続単独ナイトハイク―闇富士に恋した娘
(乙女峠の伝説再話)
おわりに
おもな参考文献

著者プロフィール

中野 純  (ナカノ ジュン)  (

中野 純
<プロフィール>
体験作家、闇歩きガイド。一橋大学社会学部卒。闇をテーマとした文筆活動やナイトハイクの案内の傍ら、夫婦で少女まんがの専門図書館「少女まんが館」を運営。主な著書に『「闇学」入門』(集英社新書)、『闇と暮らす。』(誠文堂新光社)、『庶民に愛された地獄信仰の謎』(講談社+α新書)、『闇を歩く』(光文社 知恵の森文庫)、『月で遊ぶ』(アスペクト)、『少女まんがは吸血鬼でできている』(大井夏代との共著、方丈社)など。東京造形大学非常勤講師。

上記内容は本書刊行時のものです。