版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
正岡子規研究 ―中川四明を軸として― 根本文子(著/文) - 笠間書院
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3295-1331
注文FAX番号: 03-3294-0996
注文メール: info@kasamashoin.co.jp
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木
直接取引: なし
返品の考え方: 返品フリー

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784305709370

正岡子規研究 ―中川四明を軸として―

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:笠間書院
A5判
464ページ
上製
定価 7,000円+税
ISBN
978-4-305-70937-0   COPY
ISBN 13
9784305709370   COPY
ISBN 10h
4-305-70937-6   COPY
ISBN 10
4305709376   COPY
出版者記号
305   COPY
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月10日
書店発売日
登録日
2021年2月17日
最終更新日
2021年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

時代を超えて愛される正岡子規の俳句。その感性は、中川四明や高濱虚子、夏目漱石といった同時代の文化人との交流を通して形成されたものだった。
本書では子規を支えた俳人・中川四明に焦点を当てて、その軌跡を追う。

中川四明は、学校教員を経て新聞社に勤務するかたわら、俳人としても活躍。『俳諧美学』など俳句に関する書籍や雑誌を多数手がけ、近代俳句の発展に貢献した。
正岡子規にとっては新聞『日本』の先輩記者に当たり、記者職を離れた後も俳句をはじめとした文学・美学について互いに影響を与え合う関係を構築している。

俳句界に革新を起こした傑物・正岡子規の美学が培われた過程を、同志・中川四明という新しい視点で読み直す子規研究の必読書。

【目 次】
序 谷地快一

第一部 子規を支える中川四明
第一章 正岡子規と中川四明
―『日本』『小日本』紙上の交流―
第二章 四明宛て子規書簡とその背景
第三章 二種の『種ふくべ』考
―子規・四明と大釜菰堂―
第四章 小自在庵四明著『俳諧美学』の考察
―芭蕉句における美の諸相―
第五章 虚子の俳壇復帰と中川四明
―「明治俳壇の第二期を迎ふ」の意義―

第二部 子規の周辺 漱石・鴎外・虚子
第一章 漱石の執筆制限と『ホトトギス』
―虚子との交流を通して―
第二章 子規の『俳諧大要』執筆の動機
―鴎外との出会いをめぐってー
第三章 明治三十年前後に於ける鴎外の俳句作風
―子規と鴎外の草花―

第三部 中川四明年譜考証
―子規との交流を中心に―

あとがき
初出一覧

目次

序 谷地快一

第一部 子規を支える中川四明
第一章 正岡子規と中川四明
―『日本』『小日本』紙上の交流―
第二章 四明宛て子規書簡とその背景
第三章 二種の『種ふくべ』考
―子規・四明と大釜菰堂―
第四章 小自在庵四明著『俳諧美学』の考察
―芭蕉句における美の諸相―
第五章 虚子の俳壇復帰と中川四明
―「明治俳壇の第二期を迎ふ」の意義―

第二部 子規の周辺 漱石・鴎外・虚子
第一章 漱石の執筆制限と『ホトトギス』
―虚子との交流を通して―
第二章 子規の『俳諧大要』執筆の動機
―鴎外との出会いをめぐってー
第三章 明治三十年前後に於ける鴎外の俳句作風
―子規と鴎外の草花―

第三部 中川四明年譜考証
―子規との交流を中心に―

あとがき
初出一覧

著者プロフィール

根本文子  (ネモトアヤコ)  (著/文

1939年東京生まれ、宮城県登米市錦織で成長。
東洋大学文学部国文学科卒業、同大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程満期退学。1999年 俳誌『槙』(平井照敏主宰)入会、2001年同人。2004年 『槙』終刊に伴い『翡翠』(鈴木章和主宰)設立同人、現在編集長。俳文学会会員、俳人協会会員、子規研究の会会員、芭蕉会議会員、『柳絮』会員。句集に『雁のやうに』(本阿弥書店、2009年3月)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。