版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
プロレタリア短歌 松澤俊二(編集) - 笠間書院
.
コレクション日本歌人選 79

プロレタリア短歌

発行:笠間書院
四六判
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-305-70919-6
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2018年12月27日
最終更新日
2019年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

プロレタリア短歌
1928 年(昭和3)「短歌戦線」、29 年(昭和4)「短歌前衛」創刊。歌人たちは重労働や貧困などを詠み、資本家や地主、国家への怒りを短歌表現に託した。この年「プロレタリア歌人同盟」結成。しかし、戦争に向かう時代の流れのなかで、その短歌も衰退を余儀なくされる。
ただし、プロレタリア短歌は「現在」につながる問題、たとえばワーキングプア、児童の労働、女性が働きつつ子を育てることの困難などを見逃してはいない。ここから私たちは、未来を拓くための知識や社会の見方を獲得し、何らかの教訓をみつけるだろう。

著者プロフィール

松澤俊二  (マツザワシュンジ)  (編集

1980 年、群馬県生まれ。名古屋大学大学院博士後期課程を経て、博士(文学)。現在、桃山学院大学社会学部准教授。
著書に『「よむ」ことの近代 和歌・短歌の政治学』(青弓社)。本書と関連する論文に「『プロレタリア歌論集』再読―その短歌の限界と可能性」(「桃山学院大学社会学論集」2016年2月)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。