版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
啄木短歌論 河野 有時(著) - 笠間書院
.

啄木短歌論

発行:笠間書院
A5判
304ページ
上製
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-305-70889-2
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年4月
書店発売日
登録日
2018年4月3日
最終更新日
2018年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

啄木短歌がなければ近代に短歌はあっても、短歌の近代などなかった。

「何を歌うか」「どう歌うか」という問いに、「なぜ歌うか」という問いが浸潤する。
近代における短歌と対峙し、短歌における近代の扉を開いた啄木。
本書は、「近代」と「短歌」をつなぎとめる鎹(かすがい)となった啄木短歌の多様な試みと、
啄木と歌との個性的なかかわりを考察し、その歌の果たした役割に迫る。

目次

はしがき

凡例

序    

Ⅰ 啄木短歌の言葉と表現

1 手を見るまえに  
2 さばかりの事  
3 「ふと」した啄木  

Ⅱ 『一握の砂』の詩的時空

1 ウサギとアヒルと『一握の砂』  
2 石川啄木と非凡なる成功家  
3 啄木「おもひ出づる日」の歌  
4 啄木の耳  
5 忘れがたき独歩  
6 亡児追悼──『一握の砂』の終幕  

Ⅲ 『一握の砂』への道

1 「曠野」の啄木──啄木短歌と散文詩  
2 明治四十一年秋の紀念  
3 Henabutte yatta ──啄木のへなぶり歌  

Ⅳ 啄木短歌から現代短歌へ

1 『池塘集』考──口語短歌の困惑  
2 はだかの動詞たち──啄木短歌における動詞の終止形止めの歌について
3 鶴嘴を打つ群を見てゐる──短歌表現におけるテイル形に関する一考察  

初出一覧  
あとがき  

引用短歌索引  
人名索引
歌書索引

前書きなど

啄木自身は「正直に言へば、歌なんか作らなくてもよいやうな人になりたい」と願ってもいたようです。
だから、啄木が歌を作るときには、「何を歌うか」「どう歌うか」という問いに、「なぜ歌うか」という問いが浸潤しました。そうやって、啄木は短歌という表現形式とずっと向き合ってきたのです。
短歌が自我の詩であり、一人称の詩型であれば、それはまた「私」と向き合うことにほかなりません。
……本書・はしがきより

著者プロフィール

河野 有時  (コウノ アリトキ)  (

1968年大阪府生まれ。
東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科博士課程国文学専攻単位取得退学。
東京都立航空工業高等専門学校を経て、現在、東京都立産業技術高等専門学校教授。
博士(文学)。
著書に『コレクション日本歌人選035 石川啄木』(2012年1月、笠間書院)など。

上記内容は本書刊行時のものです。