版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
近世和文小説の研究 天野 聡一(著/文) - 笠間書院
.

近世和文小説の研究

発行:笠間書院
A5判
価格 8,500円+税
ISBN
978-4-305-70873-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2018年12月7日
最終更新日
2018年12月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国学者が創作した擬古物語風の作品や、和文を用いた読本など、和文によってつづられた近世小説作品に関する本格的な研究書。

目次

目次

序 論 和文小説とは何か ほか

第一部 懐徳堂の和文小説

第二部 江戸派の和文小説

第三部 読本における和文小説とその周辺

資料編 『いつのよがたり』『てづくり物語』『袖のみかさ』翻刻

著者プロフィール

天野 聡一  (アマノ ソウイチ)  (著/文

1981年兵庫県明石市生まれ。
神戸大学文学部卒業、同大学大学院人文学研究科博士課程後期課程修了。
日本学術振興会特別研究員(DC1、PD)を経て、現在九州産業大学国際文化学部准教授。
博士(文学)。

上記内容は本書刊行時のものです。