版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
昭和文学研究 第82集 昭和文学会(編集) - 笠間書院
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3295-1331
注文FAX番号: 03-3294-0996
注文メール: info@kasamashoin.co.jp
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木
直接取引: なし
返品の考え方: 返品フリー

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784305003829
昭和文学研究 82

昭和文学研究 第82集

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:笠間書院
A5判
182ページ
並製
価格 4,200円+税
ISBN
978-4-305-00382-9   COPY
ISBN 13
9784305003829   COPY
ISBN 10h
4-305-00382-1   COPY
ISBN 10
4305003821   COPY
出版者記号
305   COPY
Cコード
C3393
専門 全集・双書 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2021年3月5日
最終更新日
2021年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。

昭和文学研究第82集
目次

特集 一九五〇年代──暴力・メディア・身体
物体と風景
  ──埴谷雄高の〈転回〉と花田清輝 …………………渡邊 史郎 ( 2 )
「勤労」の戦中・戦後
  ──『文学サークル』と戦後民主主義── …………………何  雅琪 (18)
一九五〇年代の上野英信
  ──戯曲・えばなし・物語 …………………茶園 梨加 (33)
“犠牲”をめぐる視差
──大西巨人『たたかいの犠牲』における「政治と文学」…………………杉山 雄大 (47)
芝木好子『洲崎パラダイス』を読む
  ──「廓」をめぐる境界の物語として── ………………… 水溜真由美 (62)
革命の未来に向けて
  ──安部公房『第四間氷期』論──………………… 坂  堅太 (74)
石川淳「影」論
  ──一九五〇年代の現実から可能へ ………………… 山口 俊雄 (89)
自由論文
征服の挫折
  ──小栗虫太郎「紅毛傾城」論── …………………鈴木 優作 (105)
資料紹介
メリーランド大学ゴードン・W・プランゲ文庫所蔵・坂口安吾『二流の人』(九州書房版)関連資料に見る本文生成の過程
  …………………尾崎名津子・大原 祐治 (120)
研究動向
佐多稲子………………… 鳥木圭太 (133)     武田泰淳……………… 藤原崇雅 (137)
研究展望
フィクション論と文学研究の交点 …………………加藤 夢三 (141)
これからの日本近代文学研究における「エコクリティシズム」 ………………… 澤田由紀子 (144)
女性文学史の確立
  ──『[新編]日本女性文学全集』(全一二巻)の意義と役割 …………………羽矢みずき (147)
『せとうち文学叢書 呉・江田島・芸南編』全八巻を刊行して…………………外村  彰 (150)
古井由吉・引用・厄災…………………藤田 祐史 (153)
〈書評〉
斎藤理生著『小説家、織田作之助』 ………………… 真銅 正宏 (156)
小平麻衣子編『『文藝首都』──公器としての同人誌』…田口 律男 (159)
一柳廣孝著『怪異の表象空間 メディア・オカルト・サブカルチャー』 山田 夏樹 (162)
〈新刊紹介〉…………………(165)
北川扶生子著『漱石文体見本帳』
斎藤理生・杲由美編『新聞小説を考える──昭和戦前・戦中期を中心に』
会務委員会だより…………………(166)
『昭和文学研究』バックナンバーの電子化と公開に向けてのお願い…………………(177)
日本学術会議推薦候補任命拒否問題についての声明…………………(179)
編集後記…………………(180)

目次

昭和文学研究第82集
目次

特集 一九五〇年代──暴力・メディア・身体
物体と風景
  ──埴谷雄高の〈転回〉と花田清輝 …………………渡邊 史郎 ( 2 )
「勤労」の戦中・戦後
  ──『文学サークル』と戦後民主主義── …………………何  雅琪 (18)
一九五〇年代の上野英信
  ──戯曲・えばなし・物語 …………………茶園 梨加 (33)
“犠牲”をめぐる視差
──大西巨人『たたかいの犠牲』における「政治と文学」…………………杉山 雄大 (47)
芝木好子『洲崎パラダイス』を読む
  ──「廓」をめぐる境界の物語として── ………………… 水溜真由美 (62)
革命の未来に向けて
  ──安部公房『第四間氷期』論──………………… 坂  堅太 (74)
石川淳「影」論
  ──一九五〇年代の現実から可能へ ………………… 山口 俊雄 (89)
自由論文
征服の挫折
  ──小栗虫太郎「紅毛傾城」論── …………………鈴木 優作 (105)
資料紹介
メリーランド大学ゴードン・W・プランゲ文庫所蔵・坂口安吾『二流の人』(九州書房版)関連資料に見る本文生成の過程
  …………………尾崎名津子・大原 祐治 (120)
研究動向
佐多稲子………………… 鳥木圭太 (133)     武田泰淳……………… 藤原崇雅 (137)
研究展望
フィクション論と文学研究の交点 …………………加藤 夢三 (141)
これからの日本近代文学研究における「エコクリティシズム」 ………………… 澤田由紀子 (144)
女性文学史の確立
  ──『[新編]日本女性文学全集』(全一二巻)の意義と役割 …………………羽矢みずき (147)
『せとうち文学叢書 呉・江田島・芸南編』全八巻を刊行して…………………外村  彰 (150)
古井由吉・引用・厄災…………………藤田 祐史 (153)
〈書評〉
斎藤理生著『小説家、織田作之助』 ………………… 真銅 正宏 (156)
小平麻衣子編『『文藝首都』──公器としての同人誌』…田口 律男 (159)
一柳廣孝著『怪異の表象空間 メディア・オカルト・サブカルチャー』 山田 夏樹 (162)
〈新刊紹介〉…………………(165)
北川扶生子著『漱石文体見本帳』
斎藤理生・杲由美編『新聞小説を考える──昭和戦前・戦中期を中心に』
会務委員会だより…………………(166)
『昭和文学研究』バックナンバーの電子化と公開に向けてのお願い…………………(177)
日本学術会議推薦候補任命拒否問題についての声明…………………(179)
編集後記…………………(180)

上記内容は本書刊行時のものです。